ニュース

妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる

出典:富山大学、2022年
 富山大学は、妊娠中の発酵食品(味噌汁・ヨーグルト・チーズ・納豆)の摂取量と、生まれた子の睡眠時間との関連を調べた結果、チーズを多く摂取した母親から生まれてきた子供は、3歳時点で睡眠不足になるリスクが低くなることを明らかにした。

 母親由来の腸内細菌叢は、子供に受け継がれる可能性があり、また発酵食品の積極的な摂取が、腸内細菌叢に好ましい変化を与え、腸内細菌叢の多様性は覚醒・睡眠リズムを良好にすることが知られている。

 研究は、環境省が全国の10万組の子供とその両親の参加を得て進めている大規模な疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のデータを用いたもの。
日本の子供は睡眠不足 妊娠中の発酵食品摂取量との関連は?
 5年毎に総務省が実施している社会生活基本調査によると、平均睡眠時間は男女ともに前世紀から減少傾向にあり、特に10代の睡眠時間が短いことが明らかになっている。また、日本の子どもの睡眠時間は他の国に比べると短いとされている。

 一方、発酵食品の積極的な摂取は、腸内細菌叢に変化を与え、腸内細菌叢の多様性は覚醒・睡眠リズムを良好にすることが知られている。

 富山大学の研究グループは以前、妊娠中に味噌汁を多く摂取していた母親から生まれた子供は、1歳時点で睡眠不足のリスクが低くなることを報告していた。しかし、妊娠中の発酵食品の摂取と、生まれた子の1歳以降の影響についてはよく分かっていなかった。

 そこで研究グループは今回、「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」に参加している6万4,200組の妊婦とその子供を対象に、妊娠判明から妊娠約7ヵ月目までに摂取した発酵食品の摂取量と、3歳時点での子供の睡眠不足との関連を調べた。
妊娠中のチーズ摂取量が多いと、生まれた子供の睡眠不足が少ない
 その結果、チーズの摂取量がもっとも少ない群を基準(1.0)にして、チーズの摂取量と睡眠不足の子供の発生率を比べた場合、妊娠中のチーズ摂取量がより多い群では、3歳時点の子供の睡眠不足の割合が少なくなることが明らかになった。

 一方、味噌汁、ヨーグルト、納豆では、摂取量と睡眠不足の関連はみられなかった。

 チーズには、生きた乳酸菌と酵素を含む「ナチュラルチーズ」と、熱処理で乳酸菌を死滅させた「プロセスチーズ」があり、日本ではナチュラルチーズの消費量は比較的少ない。

 また、日本の年間消費量は年々増加しているものの、ヨーロッパの国々に比べると少ないことが知られている。

妊娠中のチーズ摂取量と生まれた子供の3歳時点における睡眠不足の関連
妊娠中のチーズ摂取量がより多いと、3歳時点の子供の睡眠不足の割合が少なくなった

出典:富山大学、2022年
母親由来の腸内細菌叢が子供に受け継がれる可能性を示唆
 なお、発酵食品の摂取状況は、食物摂取頻度調査票の味噌汁・ヨーグルト・チーズ・納豆の回答を用いた。また、子供の睡眠時間については、米国国立睡眠財団が示した、3歳児での1日の推奨睡眠時間(10~13時間)をもとに、10時間未満を「睡眠不足」と設定して検討した。

 子供の腸内細菌叢は、新生児期から乳児期、離乳期にかけて大きく変化し、3歳前後で安定化し、成人と同様の組成になるといわれている。

 母親由来の腸内細菌叢が子供に受け継がれる可能性については、他の研究からも報告されており、今回明らかになった結果は、こうした機序と関係しているものと推察されとしている。

 研究は、富山大学医学薬学教育部生命・臨床医学専攻博士課程の井上真理子氏、公衆衛生学講座の稲寺秀邦教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「BMC Public Health」に掲載された。

 「本研究が示した結果は、これまでに報告がない新規性が高い情報です。しかし本研究では、観察研究であるために因果関係まで扱えていないこと、腸内細菌叢を直接測定できていないこと、チーズの種類(妊娠中の非加熱のナチュラルチーズ摂取はリステリア菌の感染リスクが高まるため推奨されていません)まで調査できていないことなどの限界が挙げられます」と、研究者は述べている。

 「今後はさらにこの結果を検証し得る介入研究を行うなど、妊娠中のチーズ摂取と生まれた子どもの睡眠不足の関係について確かめていく必要があります」としている。

富山大学医学部公衆衛生学講座
エコチル調査 富山ユニットセンター 子どもの健康と環境に関する全国調査
子どもの健康と環境に関する全国調査 エコチル調査 (環境省)
Association between maternal fermented food consumption and child sleep duration at the age of 3 years: the Japan Environment and Children's Study (BMC Public Health 2022年8月6日)
Association between maternal fermented food consumption and infant sleep duration: The Japan Environment and Children's Study (PLOS ONE 2019年10月4日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年09月20日
【新型コロナ】コロナ禍で介護の負担感が増加 家族介護者のメンタルヘルス不調は1.9倍に上昇
2022年09月20日
【新型コロナ】認知症リスクがコロナ感染後に2倍近くに上昇 医療のさらなる逼迫を懸念
2022年09月20日
「抗菌薬」や「薬剤耐性(AMR)」の説明は「かかりつけ医」から 良好な対話が正しい知識を広める
2022年09月20日
妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2022年09月12日
【新型コロナ】感染しやすいのはどんな場所? 食料品店・薬局・公園は高リスク 新型コロナとの共存を目指す
2022年09月12日
【新型コロナ】うつ・不安・ストレスなど「精神的苦痛」が新型コロナ長期化のリスクを46%高める
2022年09月12日
野菜と果物をよく食べている人は死亡リスクが低い 日本人9.5万人を20年間調査
2022年09月12日
趣味をもつことが認知症の予防になる 楽しみのための活動はアルツハイマー病リスクを減少
2022年09月12日
運動をして座位時間を減らすと「乳がん」のリスクは低下 女性は積極的に運動を 保健指導を強化
2022年09月12日
慢性腎臓病(CKD)の検査や治療も男女で性差が 女性は腎臓病の検査を適切に受けられていない
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶