ニュース

12月は『職場のハラスメント撲滅月間』 「職場におけるハラスメント対策シンポジウム」もオンラインで開催

 厚生労働省は12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、集中的に広報・啓発活動を実施。今年4月からは、中小企業においてもパワーハラスメント防止措置が義務付けられた。

 職場のハラスメント撲滅月間の一環として、12月7日に「職場におけるハラスメント対策シンポジウム」がオンラインで開催される。ハラスメント対策を実践する上で参考になる情報を発信する予定。

パワーハラスメントの定義

 職場のパワーハラスメントとは、職場において行われる、
 ①優越的な関係を背景とした言動であって、
 ②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、
 ③労働者の就業環境が害されるもので、これら3要素を全て満たすものをいう。

 ただし客観的に見て、業務上必要かつ相当な範囲で行われる適正な業務指示や指導は該当しない、としている。

「職場におけるハラスメント対策シンポジウム」を開催

 2022年4月から中小企業でもパワーハラスメント防止措置が義務付けられ、すべての企業にパワーハラスメント対策が求められるようになった。
 これらを踏まえ、12月7日13時半から「職場におけるハラスメント対策シンポジウム」がオンラインで開催される。

出典:ポータルサイトあかるい職場応援団

 基調講演は成蹊大学・原 昌登 教授で、「従業員が辞めない!明るくイキイキ働ける職場へ~中小企業も取り組みやすい、ハラスメント対策のポイント」がテーマ。その後、中小企業の事例に見るハラスメント対策の実務についてパネルディスカッションも予定されている。

 シシンポジウムを通じて、ハラスメント対策のポイントや取り組み事例を伝え、実践にあたって参考になる情報を発信する予定だという。(要申し込み)

 またポータルサイト「あかるい職場応援団」では、12月の撲滅月間用のポスターもダウンロードできるようになっており、厚労省では集中的に広報・啓発に努めていく考え。

出典:ポータルサイトあかるい職場応援団

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年12月12日
【新型コロナ】運動不足の危機感はテレワークが長期に及ぶと低下 運動しやすい働き⽅や都市環境が必要
2022年12月12日
【新型コロナ】子供の喘息はコロナ禍で減少 感染対策により呼吸器ウイルス感染が減少?
2022年12月12日
魚を食べると心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 頚動脈の動脈硬化が減少 魚のEPAやDHAが効果?
2022年12月12日
朝食・昼食・夕食・間食を調査できる簡易ツールを開発 食事のタイミングや行動も分かる 保健指導や教育に活用
2022年12月12日
13種類のがんを1回の血液検査で発見できる次世代診断システム 「がんの種類」を高精度で区別 がん研究センターなど
2022年12月06日
自宅勤務に満足している人は約8割 一方、テレワーク実施率は低調に推移~第11回働く人の意識調査
2022年12月06日
「健康寿命延伸に向けて 日本人の健康課題」へるすあっぷ21 12月号
2022年12月06日
40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ
若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを
2022年12月05日
認知機能の低下による要介護リスクを簡単な質問で推定 「周りからの物忘れの指摘」など3つの質問
2022年12月05日
【新型コロナ】肥満や糖尿病の人が重症化するのを防ぐ治療法の開発へ 感染が引き起こす炎症ショックを抑制
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶