ニュース

ベジタリアンは長生き 肉の食べ過ぎは体に悪い

 肉類をまったく食べないベジタリアンは、肉類を好んで食べる人よりも長生きするという研究が発表された。「肉類を控える食生活は健康的であることが裏付けられました」と、研究者は述べている。

 野菜を多くとる食生活を続けると、2型糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム、高血圧症などの循環器疾患の危険性が低下することは、多くの研究で確かめられている。

 「完全な菜食主義になると心筋梗塞などの深刻な病気がどれだけ減るかを調査した研究は多くありません。今回の研究は、ベジタリアンの健康について調査したものです」と、カリフォルニア州にあるロマリンダ大学のマイケル オルリッチ氏(予防医学)は述べている。

 研究チームは、北米で行われた大規模コホート研究「Adventist Health Study 2」に参加者した7万3,308人を、平均5.79年の追跡して調査した。

 その結果、肉類をまったく食べないベジタリアンは、非ベジタリアンに比べ、死亡率が12%低下することが分かった。

 ベジタリアンとは、動物性食品を避け、穀物、野菜、豆類、ナッツ類、果物などの植物性食品を中心にとる人々だ。

 ベジタリアンでも、どのような動物性食品を避けるか、あるいは、どの程度の頻度で制限するかという点で違いがあり、いくつかの種類に分けられる。

 研究チームは対象者を食事内容から、細かく下記の4つのグループと非ベジタリアンに分け、心筋梗塞や脳卒中、がん、腎臓病などによる死亡率を調べた。
・あらゆる動物性食品を食べない「ビーガン・ベジタリアン」
・乳製品や卵は食べる「ラクト・オボ・ベジタリアン」
・魚肉は食べる「ペスコ・ベジタリアン」
・鶏肉と魚肉は食べる「セミ・ベジタリアン」

 その結果、非ベジタリアンに比べ、ビーガン・ベジタリアンでは15%、ラクト・オボ・ベジタリアンでは9%、ペスコ・ベジタリアンでは19%、セミ・ベジタリアンでは8%、それぞれ死亡率が低下した。

 「肉類を食べ過ぎると、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取量が増え、脂質異常症や動脈硬化症の原因になります。ベジタリアンの中でも魚類を食べる人は、心疾患などの発症が少ないという結果になりました。植物や魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸には、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなどの働きがあるためと考えられます」(オルリッチ氏)。

 研究者は、赤身肉に含まれる「カルニチン」にも注目している。カルニチンは通常、体内で脂肪酸を細胞に運搬し、エネルギーとして利用されるのを助ける働きをする。

 赤身肉を過剰摂取するとカルニチンが増え、腸内細菌に分解される過程で「トリメチルアミン」と呼ばれる物質を産生する。これが代謝の過程で酸化すると、動脈硬化を促進すると考えられている。

 「健康な食習慣をもつ人は、平均して4~7年長生きすることが示されました。興味深いことに、菜食主義がもたらす恩恵は、女性よりも男性でより大きいことも分かりました。心筋梗塞などの発症は男性の方が多いことなどが影響していると考えられます」と、オルリッチ氏は説明する。

 「健康寿命を延ばす秘訣は、"野菜をよく食べる"、"糖質の多い高カロリー食品を食べ過ぎない"、"運動を習慣として行う"、"たばこを吸わない"、"休息をとりストレスをためない"ことです」と強調している。

Vegetarian Dietary Patterns and Mortality in Adventist Health Study 2(米国医師会 2013年6月3日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶