ニュース

5月は「児童福祉週間」「看護の日」「世界禁煙デー」

 保健事業を効果的に行うために、各種啓発週間・記念デーを、2ヶ月前からご紹介する「保健指導2ヶ月先駆けカレンダー」を更新しました。今月は、5月の各種啓発週間・記念デーを取り上げます。また、健診・保健指導に役立つ教材・備品オンラインストア「保健指導マーケット」から、オススメの配布物や教材・ツールをご紹介します。

5/5~5/11 児童福祉週間

 厚生労働省では、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を児童福祉週間と定め、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種行事を行っています。平成28年度標語は「その笑顔 未来を照らす 道しるべ」です。

「歩いて育む子どもの成長」(指導箋)
「生活習慣病予防は子どものときから」(ポスター)
「子どもの生活リズムと睡眠」(DVD)
「テレビと子どもの上手なつきあい方」(ポスター)
  ほか

関連教材一覧:「子ども」

5/12 看護の日
 毎年5月12日は、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ「看護の日」に制定されています。そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。メインテーマは「看護の心をみんなの心に」。気軽に看護にふれていただける楽しい行事が、全国各地で行われます。なお、国際看護師協会では、5月12日を「国際看護師の日」に定めています。

5/31 世界禁煙デー

 毎年5月31日は世界禁煙デー。WHOによると、世界中でタバコの煙害で毎年600万人近くが死亡しており、そのうちの60万人は受動喫煙による非喫煙者とされています。このまま何も対策をとらなければ、2030年までに毎年800万人がタバコの煙害で死亡するとされています。

「喫煙と肺がん」(ポスター)
「こんなに怖い女性の喫煙」(指導箋)
「知っていますか?COPD(慢性閉塞性肺疾患)」
 (指導箋)

「周囲の人にも危険なたばこのけむり」(ポスター)
  ほか

連載:
ここまで解明された喫煙・受動喫煙の害!(村松 弘康/中央内科クリニック)
禁煙指導のかんどころ(斎藤 照代/勤労者健康科学研究所)

関連教材一覧:「タバコ」「禁煙」「肺がん」「COPD」

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を2,800点以上を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。
保健指導2ヶ月先駆けカレンダー
保健指導マーケット
[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶