ニュース

【新連載】「笑いと健康長寿」~「笑い」の健康効果を科学的に解明

 新連載「笑いと健康長寿」(永井 博弌/岐阜薬科大学名誉教授、岐阜保健短期大学教授兼学長)を公開しました。
 「笑い」の健康効果についての科学的根拠を知り、健康維持のための日常生活への導入や保健活動、疾患予防さらには治療への応用の可能性について考えていきます。
 No.1 笑いの健康効果 -笑いましょう

 「笑い」は日常生活の中で最もありふれた感情表現の一つです。

 「笑い」が身体に良い影響を及ぼすことは経験的によく知られていました。近年、この「笑い」の効用を科学的に解明し、医学的に応用しようとする試みが盛んになっています。

 確かに、笑いは精神の安定性を招くのみならず、免疫、神経、内分泌など生体のホメオスタシス系に働き、身体機能の恒常性維持に重要な役割を果たしています。

 加えて、笑うという行為は顔面をはじめ多くの筋肉を使い、運動を伴い、循環系、呼吸器系や骨格筋にも良い影響を与えます。

 そこで今回は「笑い」の健康効果についての科学的根拠を知り、健康維持のための日常生活への導入や保健活動、疾患予防さらには治療への応用の可能性について、考えてみたいと思います。

オピニオン「笑いと健康長寿」

[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶