ニュース

「第3期 特定健診・特定保健指導に向けて」へるすあっぷ21 11月号


「へるすあっぷ21」11月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」11月号をご紹介致します。

 今月の特集は、平成30年度からの第3期特定健診・特定保健指導に向けて役立つヒントが満載です。

 厚生労働省で進められている特定健診等の見直しの議論を整理するとともに、現状の課題を解決する糸口を、事例を通して探ります。

第3期に向けた特定健診等の見直しの方向性

特定健診・特定保健指導の実施状況と課題

事例に学ぶ課題解決のヒント
 効果的な特定保健指導
 <丸井健康保険組合/保険者機能を推進する会・特定保健指導応用研究会>
 被扶養者の健診受診率向上<日立健康保険組合>

「へるすあっぷ21」11月号
株式会社法研





【目次】

■実践!食コンディショニング®II 小島美和子
 コレステロール値を下げる食べ方

■最新医療情報
 患者にやさしい手術へ進化
 膝・軟骨欠損に対する再生治療

■MONO/TECHNOLOGY
 味を測る!見る!味覚・食感センサー

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 管理職を悩ませるシニア社員への対応

■HEALTH TOPIC
 5年後の認知症発症予測ツールを開発

■ストレスチェックを活かす
 社内規程策定に際してしばしば寄せられる疑問点

■インタビュー
 伊藤忠テクノソリューションズ(株)・保健師 金森悟さん

■けんぽREPORT
 SGホールディングスグループ健康保険組合
 「データ分析に基づき保健事業を強化 コラボヘルスで対策を進める」

■わかる!身につく!健康力
 油断大敵!肺の病気にご用心

■HEALTH WATCH 2016
 「"オール埼玉"での健康づくり推進をめざして」
 全国健康保険協会 埼玉支部

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 バラバラ漢字

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 定年後再雇用社員の健康問題

■産業医奮闘記 西埜植規秀
 ストレスチェックであなたの事業場は何をめざすのか?

■へるすあっぷcafe
 【あなたの知らない美容外科】
  保阪善昭「乳房再建術最前線」
 【意外と知らない薬のはなし】
  小野俊介「健康は誰が何で測ればいい?」
 【男のホルモン 女のホルモン】
  奥井識仁「食欲を調節するグレリンとレプチンの関係」
 【健康情報のウソ・ホント】
  岡田正彦「のんでもよいサプリ、悪いサプリ」

■カラダLESSON 大貫崇
 体温を上げる呼吸法

■南の島から 佐藤恵美

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶