ニュース

子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を

 子育て世帯の親が、子どもの世話に行き詰って、スマートフォンなどを使ってストレスを解消しようとすると、子どもに悪影響を及ぼす可能性があるという研究が、ミシガン大学とイリノイ大学の研究チームによって発表された。
 「スマートフォンなどの電子機器を使い過ぎると、かえってストレスが増すことがあります」と、研究者は注意を呼びかけている。
スマートフォンなどが原因の「テクノフェレンス」
 テレビ、コンピュータ、タブレット、スマートフォンなどの電子機器は、現代人の生活に欠かせないアイテムになっているが、ときにはメンタル面で障害を引き起こすこともある。

 米国で「テクノフェレンス」(Technoference)という言葉が注目されている。電子機器によって、日常での対話が中断され、生活に悪影響が及ぶことと理解されている。

 食事や遊び、就寝といった子どもの家庭での行為は、子どもの社会的・情緒的な人格を形成するために重要な意味をもつ。その最中に、親がスマートフォンやテレビなどに夢中になっていると、長期的に子どもに大きな影響を与える可能性がある。

 米国人は平均的に、テレビやスマートフォンの使用に、1日に9時間を費やしている。親がそうしたデバイスに夢中になっていると、親子の対話が減るだけでなく、子どもが攻撃的なふるまいをすることもあるという。

関連情報
親のテクノフェレンスが原因で子どもが問題行動を
 「子どもは親のテクノフェレンスを敏感に感じとり、吸収してしまうおそれがあります。その結果、子どもが親の注意を引こうとして問題行動を起こすことが増えます」と、ミシガン大学医学部のジェニー ラデスキィ氏は指摘する。

 「親がテクノフェレンスを抱えていると、その影響を受けて子どもの外在的な行動が増え、時間の経過とともに互いに影響が深まる可能性があります。今回の研究ではそれを確かめようとしました」としている。

 研究では、5歳以下の子どもをもつ183組の両親を対象に、6ヵ月にわたりオンライン調査を4回実施した。調査では、両親にテレビやスマホ、タブレット、パソコンなどの電子機器を子どもといっしょにいる間に使用する頻度やストレスの程度、子どもの問題行動について尋ねた。

 その結果、ほとんどの親が、子どもと過ごしている間に少なくとも1日に1回は電子機器を使用していた。親は子どもが問題行動を起こすと強いストレスを感じ、そのストレスが大きいほど電子機器をよく使用していることが分かった。

 また、親が電子機器を使用するほど子どもと向き合う時間が減り、時間の経過に伴って子どもの問題行動は悪化することも明らかになった。
電子機器によるストレスが子育ての邪魔に
 親にとっては、スマートフォンなどが面倒な子どもの世話からの避難所になっているかもしれない。また、スマートフォンから得た知識が子育ての役に立つこともある。

 しかし、今回の調査では多くの場合で逆の効果があることがわかった。電子機器は、大切な感情的なサポートと肯定的なフィードバックを子供に与えるのを邪魔することが多かった。

 その結果、子どものフラストレーションは募り、欲求不満、わがまま、すねる、かんしゃくを起こすといった異常行動が目立つようになった。

 「外在的な問題を抱える子どもの親は、そのことでストレスを受けるようになり、ますます電子機器に没頭し、結果として子どもの問題行動がさらに増えるという悪循環に陥るおそれがあります」と、研究を共同して行ったイリノイ大学のブランドン マクダニエル氏は言う。

 「スマートフォンなどに手を延ばすのを控え、子どもと向かい合う時間を増やすことが大切です。子どもと質の高い濃密な時間をなるべく多く過ごすことで、良好な親子関係を築けます」と、ラデスキィ氏はアドバイスしている。

Digital devices during family time could exacerbate bad behavior(Springer 2018年6月13日)
Technoference: Longitudinal Associations between Parent Technology Use, Parenting Stress, and Child Behavior Problems(Pediatric Research 2018年6月13日)
[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶