ニュース

新型コロナ対策と地域社会での連携について議論―公衆衛生学会総会2020レポート⑵

 第79回日本公衆衛生学会総会2020が10月20日から22日まで、「健康・医療・介護の未来づくり:Social Joint Venture(社会的協働)」をテーマに開催された。
 最終日の22日はメインシンポジウムⅢ「新型コロナウイルス感染症対策と地域社会における連携」で締めくくられた。

経済弱者が健康弱者にならないよう、各立場で強く意識を持つことが大切

 メインシンポジウムⅢ「新型コロナウイルス感染症対策と地域社会における連携」は、先だって行われたメインシンポジウムⅡ「新型コロナウイルス感染症 感染の実像を考える」に引き続き行われ、地域で実際に支援や協働にあたった立場などからの報告があった。座長は関西大学社会安全学部・社会安全研究科の高鳥毛敏雄さん、枚方市保健所の白井千香さんが務めた。

 まず大阪府医師会の茂松茂人さんがこれまでを振り返り、新型コロナウイルス感染症が拡大していく中で医師会がどのような対応や関係各所との連携を行ったかについて説明。秋冬シーズンの対応として、改めて感染症対策が「行政・保健所」中心であることの明確化を求めた。

 続いて、日本看護協会の鎌田久美子さんが同協会の取り組みについて紹介。大阪府看護協会が大阪府から運営委託を受けた軽症者宿泊施設の事例などを発表した。また現場支援として看護職の相談窓口を新たに開設したことや、周産期・訪問看護など対象に合わせた情報提供を行ったことなどを挙げた。

 ほかにも帝京大学大学院公衆衛生学研究科の福田吉治さんが研究教育機関として東京都北区と連携して進めた取り組みについて、また、神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所の沢田貴志さんがNPOの立場で見た外国人のCOVID-19対策の課題と連携について話した。

 また、大阪芸術大学の谷口真由美さんが新型コロナウイルス感染症で「もともとあった社会の脆弱(ぜいじゃく)性が顕在化した」などとして、未知と無知がもたらす偏見と分断の問題などについて意見を述べた。

 最後は質疑応答が行われ、経済弱者が健康弱者にならないよう職能団体や市民、メディアそれぞれがしっかり声をあげていくこと大事である、と強調。公衆衛生の力を結集し、危機を乗り越えていこうというメッセージが発信された。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶