ニュース

三世代同居ではないシングルマザーの約9人に1人が「こころの不調」の可能性~国立成育医療研究センター調査

 国立成育医療研究センター(東京都世田谷区、五十嵐隆理事長)の研究グループがこのほど、乳幼児を養育する母親の健康状態を世帯形態別に調査して分析。結果、1人で乳幼児を育てているシングルマザーの約9人に1人が「こころの不調」を抱えている可能性が明らかになった。

 研究グループは社会から孤立した状態にある母親の支援には、積極的な働きかけが必要だと示唆している。

ふたり親世帯の母親と比べて

 シングルマザーの健康状態や生活状況は、ふたり親世帯の母親と比べて悪い傾向にあることは海外の研究で明らかになっており、母親のこころの健康状態が子どもの成長に影響を及ぼすことも指摘されている。一方で日本ではシングルマザーの経済的困窮については報道などがあるものの、全国のデータを用いて健康状態や生活状況を分析した研究はこれまで行われてこなかった。

 そのため同センター研究所、社会医学研究部の加藤承彦室長らの研究グループは厚生労働省による国民生活基礎調査(2016年)のデータを用いて分析に着手した。

 具体的には、5歳以下の子どもがいる世帯をふたり親・ひとり親に分け、さらに三世代同居の有無で4群に分類。学歴や年齢などの社会経済状況、喫煙や飲酒などの生活習慣と共に、こころの健康状態やストレスや相談相手の有無などを比較し、シングルマザーの健康状態や生活の状況を明らかにした。

 こころの健康状態については、K6尺度(うつ病や不安障害などの精神疾患をスクリーニングすることを目的に開発された6項目からなる尺度)を分析に使用。その結果、こころの不調の割合は、1人で乳幼児を養育しているシングルマザーの群では11%となり、他の3群に比べて高い傾向にあった。


出典元:国立成育医療研究センター

 同様に自身の健康状態について尋ねた質問では、「あまりよくない」や「よくない」を選んだ割合が16%、日常生活で悩みやストレスがある人で「相談相手がいない」と答えた割合が9%と他群に比べて高かった。

 また、毎日喫煙や飲酒の習慣がある人の割合も、1人で乳幼児を養育しているシングルマザーが最も高く、睡眠時間も少ない傾向にあった。

 これらの分析結果から、三世代同居ではないシングルマザーは孤立した状態で養育していることがうかがえ、研究グループは「さらなる自助努力を期待するのは、現実的ではない」としたうえで、養育者の喫煙やこころの不調が子どもの成長に好ましくないことも考慮すべきだと指摘。

 行政がアウトリーチ(支援を必要としている人のところに出向いて働きかけること)する必要性を説いている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶