ニュース

乳がん検診では超音波検査も追加すべき マンモグラフィの欠点を補い効果的 日本人女性7.6万人を調査

 乳がん検診での超音波検査は、マンモグラフィの弱点である偽陰性(検診でがんを検出できないこと)を補う有力な検査法であることが、日本人女性を対象としたJ-START試験で明らかになった。
 40歳代女性の乳がん検診では、乳房超音波検査を追加するのが望ましいとしている。東北大学などが実施した、7万6,196人の女性が対象のランダム化比較試験の成果。
超音波検査はマンモグラフィの欠点を補う
 東北大学などは、若年女性を対象とした乳がん検診での乳房超音波検査の有効性を検証するために、もっとも質が高いとされるランダム化比較試験(RCT)を7万6,196人の女性の協力を得て実施した。

 その結果、乳房超音波検査がマンモグラフィの偽陰性問題(検診でがんを検出できないこと)を補う有力な検査法であることが明らかになった。

 乳がんの検診法として、乳房超音波検査の導入が期待されているが、その有効性についてはこれまでよく分かっていなかった。今回の報告は、介入群と対照群での「乳房濃度別の感度、特異度解析による超音波検査の評価」を行ったもの。

 超音波検査を用いた乳がん検診に関する大規模RCTは世界初であり、この成果は日本や世界で増え続ける乳がん対策の重要な礎となるとしている。

 研究は、東北大学大学院医学系研究科の大内憲明客員教授らの研究グループによるもの。研究結果は、「JAMA Network Open」にオンライン掲載された。

マンモグラフィと超音波検査の違い

出典:東北大学大学院医学系研究科、2021年
40歳代の日本人女性7万6,196人が研究に協力
 乳がんは女性でもっとも多いがんで、壮年層での死亡率の第1位を占めている。乳がんを早期発見するための対策が求められている。

 マンモグラフィ検診は、乳がんの死亡率を減少する効果が臨床試験で証明され国際的に普及しているが、この検診はとくに乳房濃度の高い(高濃度乳房の)若い女性で精度が低下することが問題となっている。

 一方、超音波検査は乳房濃度に依存せず安価であり、乳がん検診への導入が期待されているが、有効性評価に関する研究は少ない。

 そこで研究グループは、平成18年度に「がん対策のための戦略研究:超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験(J-START)」を提案し採択された。

 この試験の最大の特徴は、日本で実施されていなかった質の高いランダム化比較試験(RCT)を、7万6,196人の40歳代健常女性の協力を得て実施したこと。マンモグラフィ受診群を対照とし、マンモグラフィ検診に超音波検査を加えた群を介入群として、無作為に割り振られた方法で初回とその2年後に同じ検診を受診してもらった。
日本人女性は40歳代で乳がんの罹患率が高い
 これまでの解析で、高濃度乳房だけでなく非高濃度乳房でも、介入群での感度が有意に高く、超音波検査の上乗せ効果が確認された。このことは、従来から指摘されてきた高濃度乳房問題は、「高濃度」対「非高濃度」ではなく、マンモグラフィ検診における偽陰性問題であることを解明したことになる。

 つまり、乳房超音波がマンモグラフィの弱点(エックス線検査に伴う偽陰性)を補う有力な検査法であることが示された。

 「今回の成果は、従来から指摘されてきたマンモグラフィ高濃度乳房問題での解決策のひとつであり、日本のみならず国際社会へ大きなインパクトを与えうるものです。40歳代で乳がんの罹患率の高い日本を含むアジア地域では、とくに重要な成果といえます」と、研究者は述べている。

乳がんは女性でもっとも多いがん 日本人女性は40歳代で乳がんの罹患率が高い

出典:東北大学大学院医学系研究科、2021年

東北大学大学院医学系研究科 乳腺・内分泌外科学
Evaluation of adjunctive ultrasonography for breast cancer detection among women aged 40-49 years with varying breast density undergoing screening mammography: A secondary analysis of a randomized clinical trial(JAMA Network Open 2021年8月18日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶