ニュース

肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要

 肥満や過体重がうつ病を引き起こし、幸福感を低下させることが、14万人超が対象の大規模研究で明らかになった。
 肥満や過体重は、2型糖尿病などの代謝疾患に影響を与えるだけでなく、社会的不名誉(スティグマ)などの心理社会的な側面もあり、その両方が影響しているという。
 「体重を適切にコントロールすることが、身体的な健康だけでなく、精神的な健康にも役立つ可能性があります。肥満のある人をサポートすることが必要です」としている。
 英国バイオバンクから14万5,000人超の遺伝子やメンタルヘルスなどのデータを解析した。
肥満や過体重はうつ病のリスクも高める
 肥満や過体重がうつ病を引き起こし、幸福感を低下させることが、英国のエクセター大学などが14万5,000人を超える参加者の、遺伝子やメンタルヘルスに関するデータを解析した大規模研究で明らかになった。研究成果は、医学誌「Human Molecular Genetics」に発表された。

 肥満は世界的な健康上の課題となっている。英国でも成人の4人に1人が肥満や過体重で、子供の肥満も増えている。肥満があると、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症などのリスクが上昇し、心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる病気のリスクも高まる。

 一方で、肥満が身体の健康にもたらす危険性についてはよく知られているものの、メンタルヘルスにもたらす影響については詳しくは解明されていない。

 社会的スティグマとは、肥満や糖尿病などの病気や、多くの人と異なることがあり、差別や偏見の対象となることを恐れ、それにともう負のイメージを抱いていることをさす。

 「今回の研究で、肥満や過体重は、代謝の健康にも影響をもたらしますが、それとは関係なく、うつ病のリスクも高めることが示されました。肥満がもたらしているのは、身体的健康を損なうことだけでなく、社会的スティグマも深刻です」と、エクセター大学医学部のジェシカ オラフリン氏は述べている。

関連情報
14万5,000人超の遺伝子とメンタルヘルスの関係を調査
 医学アカデミーが支援し、エクセター大学が主導した今回の研究で、研究グループは、英国バイオバンクに登録された14万5,000人を超える参加者の遺伝子と、詳細なメンタルヘルスのそれぞれのデータを解析した。

 英国バイオバンクは、40~69歳の中高年約50万人を対象に追跡して調査している大規模研究。血液やDNAサンプル、生活習慣や身体活動レベルなどの関連を調べている。

 研究グループはこの多面的な研究で、肥満や過体重でBMI(体格指数)の高い人でみられる、一塩基多型などの遺伝子多型などの遺伝子情報に加えて、臨床的なメンタルヘルス質問票を用い、うつ病、不安、幸福感のレベルも評価した。

 メンデルランダム化解析として知られる手法は、交絡因子を除外し、ランダム化介入試験を行ったかのように因果関係を明らかにできると注目されている。

 研究グループは、この手法で解析し、肥満でBMIが高いことと因果関係が強いのは、2型糖尿病、高血圧、心血管疾患などの代謝疾患のリスクを高める身体的な要因と、肥満による社会的影響や不名誉などの心理社な要因(スティグマ)のどちらであるかを解明しようとした。
身体的と社会的の両方の要因がメンタルヘルスに影響する
 その結果、肥満や過体重は、うつ病を引き起こし、幸福感を低下させることがあらためて明らかになり、身体的要因と社会的要因の両方がそれに影響していることが明らかになった。

 過体重でBMIの高い人で、うつ病が引き起こされる過程で、どのような方向性が強く影響をしているかを調べるため、研究グループはこれまでに分かっている2セットの遺伝的変異についても調査した。

 1つ目は、肥満や過体重であっても、代謝的には健康であるパターン。こうした人では、2型糖尿病や高血圧など、BMIの上昇に関連する疾患のリスクは低くなる。

 2つ目は、太っていて代謝的にも不健康であるパターン。研究グループは、この2つの遺伝的変異には、ほとんど差がないことを明らかにした。このことは、身体的要因と社会的要因の両方が、うつ病の発生リスクの上昇と健康状態の悪化に関与していることを示している。
体重をコントロールするためのサポートが必要
 「肥満と過体重がうつ病を引き起こすことが裏付けられました。今回の研究は、英国バイオバンクの14万人超のデータをもとにした、質の高い強力なものです」と、エクセター大学医学部のフランチェスコ カサノバ氏は言う。

 「肥満のある人を、食事や運動の改善、必要に応じて薬物療法によってサポートすることが必要です。体重を適切にコントロールすることが、身体的な健康だけでなく、精神的な健康にも役立つ可能性があります」としている。

High BMI causes depression - and both physical and social factors play a role(エクセター大学 2021年8月9日)
Higher adiposity and mental health: causal inference using Mendelian Randomisation(Human Molecular Genetics 2021年7月16日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶