ニュース

「コラボヘルスにはメリットがいっぱい!トータル・ヘルスプロモーション・プランの見直しと推進」産業保健と看護 2022年3号

 働く人の健康を支えるすべての産業保健従事者向け定期刊行物「産業保健と看護」2022年3号のご紹介です。
「産業保健と看護」2022年3号▶株式会社メディカ出版▶

「産業保健と看護」は、産業看護職のみならず、企業における従業員の健康支援に携わる医療看護職、人事労務職、安全衛生管理者の方まで、多くの方に役立つ情報を掲載している定期刊行物(隔月刊)です。

 産業保健従事者のネットワークづくりと情報収集、自主学習の実践書として活用いただけます。

「産業保健と看護」 隔月刊、年6回発行
定価(1冊):2,200円(税込)
年間購読料:
・本誌+増刊:16,280円(税込)
・本誌+増刊+年間購読ヨメディカ::20,680円(税込)
発行:株式会社メディカ出版

【目次】

【第1特集】==============
コラボヘルスにはメリットがいっぱい!
トータル・ヘルスプロモーション・プランの見直しと推進
プランナー◎中谷 淳子(産業医科大学)

●総論
「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」改正
森 晃爾(産業医科大学)

●コラボヘルスの実践例①
健康経営を軸としたTHP活動推進
事業場と共にチームで取り組む熱き挑戦
佐藤 麻美・須崎 弘子・二口 知奈美(小野薬品工業株式会社)

●コラボヘルスの実践例②
古河電工 コラボヘルス導入のポイント
幸地 勇(古河電気工業株式会社)

●コラボヘルスの実践例③
健保から見たコラボヘルスの推進
大橋 建也(セキスイ健康保険組合)

●コラボヘルスの実践例④
自分ごととしてワクワク感を持って行動変容に取り組む
安田 正彦・藤田 優(協和キリン株式会社)・長谷川 均(協和キリン健康保険組合)

【第2特集】==============
●リモートワークやマスク生活でじりじり悪化!?なんとかしたい「微妙な体調不良」
プランナー◎畑中 純子(静岡県立大学)

●リモートワーク(在宅勤務)に産業看護職はどのように向き合うか
山田 琢之(愛知医科大学)

●リモートワークと労働者の心の健康:留意点と対策
井上 彰臣(産業医科大学)

●口腔保健管理のポイント
加藤 元(日本アイ・ビー・エム健康保険組合)

●リモートワークにおける健康課題と支援のポイント
監物 友理(コマツ本社健康増進センタ)

●リモートワーク者への健康支援の体制づくりのポイント
小林 寿子(NTT東日本健康管理センタ)

【STUDY】==============
●今さら聞けない 産業衛生のきほん
勝木 美佐子(株式会社産業医かつき虎ノ門事務所)

●日本初! 心身を整える理論と技術「休養学」のススメ
片野 秀樹(一般社団法人日本リカバリー協会)

【CATCH】==============
大規模レセプトデータを用いた百寿者および非百寿者の死亡前医療費の比較
中西 康裕(国立保健医療科学院)

【Campanio! 2022 03】=======
・患者さんとのコミュニケーション術こんなんどう?
・新型コロナウイルスと感染対策総決算
・あなたのためのパワポ大全
・くすりにまつわるウソ?ホント!
・こころの宝さがし
・「あいまいな喪失」への支援
・医療・看護・介護のトピック17本!

【INFORMATION】=========
学会・研究会INFORMATION
次号予告

【購入はこちら】

メディカ出版「産業保健と看護」購入ページ▶
[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月27日
11月は「過労死等防止啓発月間」&「しわ寄せ」防止キャンペーン月間 全国でシンポジウム開催
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶