ニュース

健保連の特定健診実施率は8割近く、特定保健指導終了者は3割
健保連「2021年度 特定健診・特定保健指導の実施状況」公表

第4期(24年度)からは「アウトカム評価」導入へ

 厚労省は23年3月、『特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(第4版)』を公表し、第4期(24年度以降)における変更点をまとめている。

 特定保健指導の評価体系については、指導の成果で評価する「アウトカム評価」を実績評価とし導入することになった。特定保健指導を単に終了させることを目標とするのではなく、本来の目的である行動変容を伴う結果が求められることになる。

 積極的支援では、初回面接による支援後、3カ月以上の継続的な支援を行うが、その際、アウトカム評価とプロセス評価を合計し、180ポイント以上の支援実施をすることが条件だ。

 アウトカム評価では「主要達成目標」を「腹囲2cm・体重2kg減」とし、180ポイントを与える。また「生活習慣病予防につながる行動変容」として「喫煙習慣の改善(禁煙)」は30ポイント、「食習慣の改善」・「運動習慣の改善」・「休養習慣の改善」・「その他の生活習慣の改善」や「腹囲1cm・体重1kg減」を「その他目標」とし、各20ポイントの付与することを設定した。

 今後は、特定保健指導の実施率が高ければよいということではなく、同時に高い質が求められるようになってくるだろう。

■特設ページ「第4期特定健診・特定保健指導」

保健指導リソースガイドでは、令和6年度から開始となる「第4期特定健診・特定保健指導」に関連する情報をとりまとめています。随時更新しますので、最新情報の確認にお役立てください。

参考資料

統計データ(健診・医療費統計)(健康保険組合連合会)
令和3年度 特定健診・特定保健指導の実施状況(健康保険組合連合会)
2021年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(厚生労働省)
特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(第4版)(厚生労働省)
標準的な健診・保健指導プログラム(令和6年度版)(厚生労働省)

[保健指導リソースガイド編集部]
side_メルマガバナー

「健診・検診」に関するニュース

2023年10月23日
特定健診の実施率の高い都道府県は慢性腎臓病(CKD)が少ない 透析導入率も減少 健診の実施率を⾼めて腎不全を防ぐ
2023年10月23日
医療費の6割を占める高額医療費 高血圧・糖尿病・脂質異常症を併発したメタボが32% メタボ予防の重要性が浮き彫りに
2023年10月13日
2021年死亡率、10年ぶりに2.2%増へ、がんの死亡率は0.6%減
「国立がん研究センター」が分析結果を報告
2023年09月29日
厚労省「身体活動基準2023(仮称)」案で「座位行動」推奨値を提示
「健康づくりのための身体活動基準・指針の改訂に関する検討会」より
2023年09月12日
健保連の特定健診実施率は8割近く、特定保健指導終了者は3割
健保連「2021年度 特定健診・特定保健指導の実施状況」公表
2023年09月04日
健康診断でメタボを指摘されたら迷わず生活改善を メタボを放置すると心臓病や脳卒中のリスクが上昇
2023年09月04日
「乳がん」は早期発見すれば9割が治るがんに がん検診を受けることが大切 マンモグラフィ検査も進化
2023年08月31日
フリーランス等も、労働安全衛生法の一部規定の適用対象に
「個人事業者等に対する安全衛生対策のあり方に関する検討会」
2023年08月09日
8020達成率は5割以上 若い世代の歯周病増、口腔ケアが課題に
厚労省「令和4年歯科疾患実態調査」より
2023年08月08日
若い世代でも「脂肪肝疾患」が増加 やせていても体脂肪が蓄積 肥満とどう違う?
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶