ニュース

2021年死亡率、10年ぶりに2.2%増へ、がんの死亡率は0.6%減
「国立がん研究センター」が分析結果を報告

治療の先延ばしやがん検診の受診控えなどでタイムラグも

 しかしながら、国立がん研究センターでは「医療・保健サービスの変化の影響(治療の先延ばしやがん検診の受診控えなど)が顕在化するまでにはタイムラグがある可能性があり、引き続き注視する必要がある」とコメントしている。

 厚生労働省の調査(人口動態統計月報など)によると、2022年の年齢調整死亡率も男女ともに増加傾向が続いており、さらにがんに起因する年齢調整死亡率は、男性は減少しているが、女性は増加の見込みであるという。特に、女性は乳房と大腸のがんの増加が見込まれているという。

2022年の死亡率動向の見込み(参考)
(画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)

出典:「2021年の日本人の全死因死亡率は前年比で2.2%増加がん(悪性新生物)の死亡率は0.6%減少(スライド資料)」
P.22(2023.8)より

 今回の結果を受け、国立がん研究センターは「全国がん登録(2020年以降)に基づくがんのステージや生存率、がん検診などさまざまなデータを組み合わせて、COVID-19のパンデミックによるがんへの影響を検討していきたい」と今後の研究展望について語っている。

 COVID-19のパンデミックによって、大きく環境が変化した。それに伴い、産業保健における保健指導、健康教育といったサービスも様変わりしてきた。
 国立がん研究センターの報告のように、コロナ禍の健康状況のエビデンスもさまざまな角度から蓄積されつつある。これらの成果は、産業保健に携わる専門職が事業所や従業員の健康特性を把握し、健診や保健指導のあり方といった今後の保健活動を検討する際、大いに参考となるだろう。

参考資料

2021年の日本人の全死因死亡率は前年比で2.2%増加がん(悪性新生物)の死亡率は0.6%減少(国立がん研究センター)
令和4年(2022)人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)

[保健指導リソースガイド編集部]
side_メルマガバナー

「健診・検診」に関するニュース

2023年10月23日
健診で心臓病・腎臓病・糖尿病の異常が出ても3人に1人が再検査を未受診 「ナッジ理論」を活用した受診勧奨の開発へ
2023年10月23日
特定健診の実施率の高い都道府県は慢性腎臓病(CKD)が少ない 透析導入率も減少 健診の実施率を⾼めて腎不全を防ぐ
2023年10月23日
医療費の6割を占める高額医療費 メタボ予防の重要性が浮き彫りに 高血圧・糖尿病・脂質異常症を併発したメタボが32%
2023年10月23日
高齢者の「フレイル」の簡単なチェック方法 ペットボトルの開け方を見れば筋力低下が分かる 筋力低下は要介護リスクを高める
2023年10月13日
2021年死亡率、10年ぶりに2.2%増へ、がんの死亡率は0.6%減
「国立がん研究センター」が分析結果を報告
2023年09月29日
厚労省「身体活動基準2023(仮称)」案で「座位行動」推奨値を提示
「健康づくりのための身体活動基準・指針の改訂に関する検討会」より
2023年09月12日
健保連の特定健診実施率は8割近く、特定保健指導終了者は3割
健保連「2021年度 特定健診・特定保健指導の実施状況」公表
2023年09月04日
健康診断でメタボを指摘されたら迷わず生活改善を メタボを放置すると心臓病や脳卒中のリスクが上昇
2023年09月04日
「乳がん」は早期発見すれば9割が治るがんに がん検診を受けることが大切 マンモグラフィ検査も進化
2023年08月31日
フリーランス等も、労働安全衛生法の一部規定の適用対象に
「個人事業者等に対する安全衛生対策のあり方に関する検討会」
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶