ニュース

テレビの見すぎと運動不足で精子数が減少

 1日3時間以上テレビを見る男性の精子数は、ほとんどテレビを見ない男性の半分しかない。一方、週に活発な運動を15時間以上行っている男性で精子数が多い――こんな研究が米国で発表された。

 米ハーバード公衆衛生大学院のオードリー ガスキンズ博士らの研究チームは、ニューヨーク州ロチェスターに在住している18~22歳の男性189人を対象に調査を行った。

 研究チームは、参加者に精液サンプルを提供してもらった。精子の大きさや形、運動性、濃度、総数を分析した。

 同時に生活習慣について質問した。質問には、ストレスや喫煙習慣などの精子の質に影響する項目のほかに、過去3ヵ月間の運動や食事の内容、テレビの視聴時間などが含まれていた。

 その結果、もっともテレビやDVDなどの視聴時間が長いグループ(週20時間以上)は、もっともテレビ視聴時間の少ないグループ(ほとんど見ないか全く見ない)と比べて精子が44%少ないことが分かった。

 また、テレビ視聴時間のほかに、運動習慣も精子の数に大きく影響していることが分かった。軽度から活発なものまで、運動を週15時間以上行っている男性は、運動時間が週5時間未満の男性よりも精子数が73%多かった。

 「いくつかの国で行われた研究で、この数十年間で男性の精子の質は低下傾向にあることが示されています。生活スタイルが影響しているとみられますが、どんな生活をすれば精子の数が増減するのか、よく分かっていませんでした」と、ガスキンズ博士は話す。

 運動と精子の質に関するこれまでの研究は、マラソンや自転車のプロ選手などスポーツのトップ選手を対象としたものだったが、今回の研究は一般男性にも当てはまるように対象を広げたことが特徴となる。

 結果として、運動を習慣として行っている男性では、テレビの視聴時間が長い男性に比べ、精子数が増えることが示された。

 原因ははっきりと分かっていないが、座りがちの生活によって陰嚢が締め付けられ温められ、これが精液濃度に影響しているのではないかと研究者はみている。

 一方で、運動不足は酸化ストレスを増やし、有害な活性酸素による細胞の劣化を招く。そのほかに精子数の減少との因果関係が指摘されているのは、肥満、オメガ3脂肪酸の摂取不足、炭水化物の過剰摂取などの食習慣だ。

 必ずしも男性の精子数が少ないと、女性が妊娠できなくなるわけではないが、先進国を中心に蔓延している「座りがち」な生活習慣は、不妊カップルの増加と無関係ではないだろうと研究者は指摘している。

TV viewing, exercise habits may significantly affect sperm count(米ハーバード公衆衛生大学院 2013年2月5日)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶