ニュース

今"注目"の「睡眠保健指導」 企画・実施に役立つマニュアルが登場

 睡眠の保健指導に必要な知識と方法を集約した解説書「睡眠保健指導マニュアル」が発売されました。その内容の一部をご紹介します。


「睡眠保健指導マニュアル」

価格:1,000円+税
監修:巽あさみ
(浜松医科大学医学部看護学科教授)
発行:一般社団法人日本家族計画協会
「睡眠」の保健指導に注目
 睡眠は一般に、食事・運動と並ぶ健康の3要素といわれます。健康日本21(第二次)でも、目標として「睡眠による休養を十分とれていない者の割合の減少」を掲げています。しかし、平成25年の国民生活基礎調査によれば、国民のおよそ5人に1人は、十分な睡眠をとれていません。

 睡眠不足や睡眠の質の低下は、生活習慣病やうつ病など、さまざまな問題を引き起こすことも分かっています。このような重要性から、健診時の問診項目として睡眠に関するものが入っていることが多々あります。しかし、その後の「睡眠保健指導」が十分なされているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

 本マニュアルは、睡眠の基礎知識から保健指導の進め方まで、睡眠の保健指導を実施するために必要なことが網羅されています。

 職場でのメンタルヘルス対策に取り組みたい方、「健康づくりのための睡眠指針2014」(厚生労働省)の策定を機に睡眠を保健指導に取り入れようと考えている方、睡眠不足や不眠について相談される立場の方などに、役に立つ一冊です。

目次―――
I.睡眠の基礎知識
 1.睡眠の重要性
 2.睡眠のメカニズム
 3.睡眠障害とその要因

II.保健指導の進め方
 1.睡眠保健指導システムについて
 2.質問項目
 3.保健指導の流れ及び環境の設定と導入・実施・終了まで

III.睡眠障害の要因別保健指導
 1.うつ病などに関する睡眠障害の保健指導
 2.生活スケジュール、生活習慣病等による睡眠障害の保健指導
 3.不眠時の対処法・実行している不眠対策が適切でない場合
 4.その他の原因による睡眠障害の保健指導

IV.セルフチェックのための説明
睡眠保健指導のQ&A

「睡眠保健指導マニュアル」
監修:巽あさみ(浜松医科大学医学部看護学科教授)
発行:一般社団法人日本家族計画協会

【この教材を購入】


[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月07日
「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大で価値観を揺るがされ抑うつや不安に 感染対策に協力できているという達成感が救いに
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン接種を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶