ニュース

糖尿病の人は循環器疾患やがんによる死亡率が高い 9万人を調査

 糖尿病の人はそうでない人に比べ、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患やがんによる死亡率が上昇することが、国立国際医療研究センターなどの研究グループが実施している、日本人9万人を対象とした多目的コホート研究「JPHC研究」で明らかになった。
糖尿病の人では死亡リスクが増加
 「JPHC研究」はさまざまな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。今回の研究では、40~69歳の男女約9万人を対象に1990年または1993年から2011年まで追跡調査した。

 研究グループは、1990年と1993年に岩手、秋田、長野、沖縄、東京、茨城、新潟、高知、長崎、大阪の11保健所管内に在住しており、がんや循環器疾患になっていなかった40~69歳の男女約10万人を、2010年末まで追跡し調査した。結果にもとづき、糖尿病(自己申告)の有無と全死亡・主要死因死亡との関連を調べた。

 糖尿病は一般的には生命に関わる疾患とは考えられていない傾向があるが、糖尿病の人ではそうでない人と比べて死亡のリスクが高いという研究報告がある。研究グループは日本人において、糖尿病と全死亡および循環器疾患による死亡、がんによる死亡のリスクとの関連を調べた。

 その結果、研究開始時に糖尿病があった群ではそうでない群と比べて、総死亡の危険度のハザード比(95%信頼区間)は、男性で1.60倍(1.49-1.71)、女性で1.98倍(1.77-2.21)に増加していることが判明した。

 死因別に解析したところ、循環器疾患による死亡については男性で1.76倍(1.53-2.02)、女性で2.49倍(2.06-3.01)、がんによる死亡については男性で1.25倍(1.11-1.42)、女性で1.04倍(0.82-1.32)になった。がんや循環器疾患でない場合の死亡についても、男性で1.91倍(1.71-2.14)、女性で2.67倍(2.25-3.17)に上昇した。
良好な血糖コントロールの重要さを再確認
 循環器疾患については女性の虚血性心疾患で約4倍と大きなリスクの上昇がみられた。がんによる死亡リスクの上昇は中等度だったが、男性の肝がん、膵がんおよび女性の肝がんについてはリスクが高く、糖尿病でない人と比べて2倍程度に上昇した。

 また研究開始後に糖尿病を発症した人も対象に糖尿病発症時期と死亡との関連を調べたところ、診断された時期が昔であるほど糖尿病による死亡のリスクが高いことが判明した。さらに年齢層ごとの解析では、年齢が若いほうが糖尿病による死亡のリスクが高いことも分かった。

 糖尿病の人では血糖コントロールが良好でないと血管に障害が起こりやすいことが、循環器疾患による死亡が増加する原因として考えられるという。また、JPHCの過去の研究では、糖尿病によりがんになるリスクが増加することが分かっている。

 今回の研究ではがんや循環器疾患ではない死亡についても、糖尿病によるリスク増加が認められた。糖尿病患者が良好な血糖コントロールを維持することの重要さがあらためて示された。

 今後は、循環器疾患やがんを含めて、糖尿病で死亡リスクが増加する原因について解明することが求められているという。なお、今回の研究では、糖尿病があるかどうかをアンケート調査の自己申告によって調べているので、糖尿病有病者を100%把握できていない可能性がある。

多目的コホート研究「JPHC Study」(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ)
Diagnosed diabetes and premature death among middle-aged Japanese: results from a large-scale population-based cohort study in Japan (JPHC study)(BMJ Open 2015年5月3日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶