ニュース

朝食を抜くと血糖値が上昇しやすくなる 朝食はもっとも重要な食事

 2型糖尿病患者が朝食を抜いて昼食まで空腹でいると、昼食と夕食後の血糖値が上昇しやすくなり、血糖コントロールの悪化につながるという研究結果が発表された。
朝食を抜くと昼食・夕食後の血糖値が上昇しやすくなる
 忙しい毎日を過ごしている現代人の中には、朝食を食べずに済ませ、昼食まで空腹でいるという人が少なくない。しかしこれは、「1日でもっとも重要な食事」をスキップすることになり、肥満や心臓病の発症リスクの増加につながるだけでなく、糖尿病患者の健康状態を危険にさらすことになりかねない。

 糖尿病患者が朝食をとらないと、血糖コントロールにどう影響するかを調査した研究は少ない。今回の研究では、朝食をとらないことが、そのあとにとる食事後の血糖値の急な上昇(食後高血糖)につながるだけでなく、その日のインスリン反応が悪くなることが示された。

 この研究はイスラエルのテルアビブ大学糖尿病ユニットのダニエラ ヤクボウィッチ教授らの研究チームによるもので、米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes Care」に発表された。

 「朝食をきちんととることが減量につながり、体重コントロールに良い影響が出ることを示した研究は多くあります。しかし、朝食をとらないことが、その日の血糖コントロールにどう影響するかを調べた研究はあまり知られていません」と、ヤクボウィッチ教授は言う。

 「結果として、朝食をとらないことが、その日の昼食や夕食後の血糖値の急な上昇をまねき、1~2ヵ月の血糖値の平均を示すHbA1cの悪化につながることが示されたのは注目に値します」(ヤクボウィッチ教授)。
朝食を抜くと昼食と夕食後の血糖値が上昇しやすくなる
 研究は、過体重の2型糖尿病患者22人(平均年齢57歳、罹病期間8.4年、BMI28.2、HbA1c7.7%)を無作為に割り付けるクロスオーバー試験として行われた。参加者に1日目は3食を摂取してもらい、2日目は朝食を抜き昼食と夕食だけをとってもらった。それぞれ食事の内容は、ミルク、ツナ、パン、チョコレートバーで、正確にカロリーを等分してあった。

 その結果、朝食を抜いた日の血糖値のピークは、昼食後は268mg/dLで、夕食後は298mg/dLだった。これに対して、朝食を食べたときの昼食および夕食後の血糖値のピークは、それぞれ192mg/dL、215mg/dLで、血糖値の急な上昇が抑えられていた。さらに、インスリン分泌のピークは、朝食を抜くと30分遅れることが判明した。

 「朝食を抜くことは健康的でないことが実証されました。朝食を抜いただけで、グルコース代謝の低下が引き起こされます。糖尿病患者が朝食を抜くと、たとえ昼食と夕食の炭水化物の量を減らしたとしても、血糖値の上昇を抑えることはできないでしょう」と、ヤクボウィッチ教授は説明する。
朝食がβ細胞の「メモリ」を改善
 研究者によると、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞は、夕食と翌日の昼食の間に、空腹時間が長く続くと「メモリ」を失い、インスリンを分泌するという重要な役割を「忘れる」という現象がみられるという。

 そのため、朝食を抜くと、昼食後にβ細胞がインスリンを分泌する機能を回復するために時間がかかるという。インスリン反応に低下と遅延が起こり、結果として1日の血糖値が上昇しやすくなる。

 さらには、前日の夕食から昼食までに空腹時間が長く続くと、血中の遊離脂肪酸が増加し、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなる可能性があるという。

 「今回の研究で、朝食を抜くことがβ細胞の機能に大きなダメージを与える可能性があることが示されました。たとえ昼食と夕食で食べ過ぎなかったとしても、朝食を抜くと高血糖になりやすくなるのです。"朝食を抜かない"という食事スタイルを、2型糖尿病患者さんにお勧めします」と、ヤクボウィッチ教授は言う。

 研究チームは、インスリン治療が不可欠な1型糖尿病患者でも、朝食をとることが血糖コントロールにどう影響するかを調べる研究も計画している。

Diabetics Who Skip Breakfast Provoke Hazardous Blood Sugar Spikes(テルアビブ大学 2015年7月28日)
Fasting Until Noon Triggers Increased Postprandial Hyperglycemia and Impaired Insulin Response After Lunch and Dinner in Individuals With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial(Diabetes Care 2015年7月28日)
[Terahata]

「産業保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶