ニュース

『健康日本21(第三次)』令和6(2024)年度から開始 期間は12年間

目標設定とスケジュール

 目標設定については、『健康日本21(第二次)』では、実行可能性のある目標をできるだけ少ない数で設定するとの考え方から53項目が設定された。『健康日本21(第三次)』においてもこの考えを踏襲し、全体で第二次と同程度の50項目程度とする。

 『健康日本21(第三次)』の計画期間は、関連する計画【医療費適正化計画:6年、医療計画:6年、介護保険事業(支援)計画:3年】と計画期間をあわせること、各種取り組みの健康増進への効果を短期間で測ることは難しく、評価を行うには一定の期間を要することなどを考慮し、令和6(2024)年度から令和17(2035)年度までの12年間とした。

 目標の評価については、実質的な改善効果を中間段階で確認できるよう、計画開始後6年(=令和 11(2029)年)を目途に全ての目標について中間評価を行う。そして計画開始後 10年(=令和15(2033)年)を目途に最終評価を行う予定だ。
 中間評価及び最終評価の際に用いる比較値(ベースライン値)は、令和6(2024)年度までの最新値とした。

 具体的な数値目標などについては近日中に公表され、栄養部会や推進専門委員会などで検討が進められる。スケジュール案は下記の通り。

(画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)

出典:第51回厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会 参考資料2(2023.3.13)より

 なお、厚労省では6月9日に「市町村セミナー」を開催する予定で、「次期国民健康づくり運動プランを含めた健康づくり」がテーマとなっている。同セミナーでは、自治体職員向けに、次期国民健康づくり運動プランの内容について説明し、自治体における健康増進計画策定に資する情報、地域における健康づくりの参考となる情報の共有を図るとしている。

編集部註:本記事は5月中旬時点で公表された情報をもとに制作した記事です。5月31日付で、厚生労働省より「健康日本 21(第三次)」を推進する上での基本方針が公表されていますので、併せてご確認いただければ幸いです。
【報道発表資料】「健康日本 21(第三次)」を推進する上での基本方針を公表します(厚生労働省)

参考資料

地域保健健康増進栄養部会(厚生科学審議会)
健康日本21(第二次)最終評価報告書を公表します(厚生労働省)

[保健指導リソースガイド編集部]
side_メルマガバナー

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2023年08月17日
「女性活躍と男女共同参画の現状と課題」を整理 家族を取り巻く状況にも変化が 内閣府
2023年08月10日
市販薬の適切使用とヘルスリテラシーの関連を明らかに〜筑波大の研究グループ
2023年08月09日
8020達成率は5割以上 若い世代の歯周病増、口腔ケアが課題に
厚労省「令和4年歯科疾患実態調査」より
2023年08月03日
コロナ禍がひと段落しても「疲れている人」が約8割 21年の調査結果と大差なし ー「日本の疲労状況2023」
2023年07月21日
高血圧症・高脂血症・糖尿病が上位3大疾患 特定健診・特定保健指導が重要 健保連「生活習慣関連疾患の動向に関する調査」より
2023年07月13日
新型コロナ後遺症について「企業向けリーフレット」を発行 支援の流れや職場における配慮事例を掲載(東京都)
2023年07月05日
行政事業レビュー「がん診療連携拠点病院機能強化事業等」
「がんの死亡率減少」と「仕事と治療の両立」が議論の焦点に
2023年06月29日
テーマは「新たな日常やデジタル化に対応した食育の推進」 在宅時間増の社会背景も 令和4年度「食育白書」を公表
2023年06月20日
「熱中症対策計画」を閣議決定 2030年までに死者数半減
-職場における熱中症対策も重要な柱に-
2023年06月15日
死亡者数は過去最小、死傷者数は過去20年で最多に〜令和4年の労働災害発生状況
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶