ニュース

「参加して良かった」と思ってもらえる健康教育とは

 連載・オピニオン『「笑顔になる、元気になる、幸せになる健康教育をめざして」 ~起業保健師の立場から~』(加倉井 さおり ウェルネスライフサポート研究所)の、第2回 「参加して良かった」と思ってもらえる健康教育とはを公開しました。

 健康教育で私が一番大切にしている目標があります。

 それは、「『参加して良かった』と思ってもらえる健康教育をする」ということです。このテーマが持つ本質を最も大事にして、これまで健康教育を実践し、現在もなお、このことを目標に研修や講演に取組んでいます。

 「参加して良かった」と思ってもらえる健康教育ができるために、必要なことは「企画力」「実践力」そして何より一番大切なのは「想いの力」です。

 どんな想いで、この健康教育を企画するのか、どんな人に、どうなってもらいたいと思っているのか、ということをしっかり持った上での企画と実践なのだと思います。

 多くの場所に講師として招いていただき実感するのは、この想いを持って企画している担当者の方の健康教育は、人も多く集まり、参加者の満足度も高いという事です。

 外部講師の立場としても、そんな想いを持った担当者からの依頼を受ければ、とてもモチベーションが高まり、当日最高のパフォーマンスを発揮できるように感じています。

産業保健 オピニオン
「笑顔になる、元気になる、幸せになる健康教育をめざして」 ~起業保健師の立場から~

産業保健 トップページ

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶