ニュース

保健指導リソースガイド 【2019年にもっとも読まれたニュース ベスト20】

 2019年に公開した保健指導リソースガイドのニュースのうち、もっともアクセス数の多かった20本をご紹介します。

2017年度の特定健康診査の実施率は53.1%、特定保健指導の実施率は19.5%でした。前年度から上昇していますが、まだ目標(特定健診70%、特定保健指導45%)には届いていません。多くの方が、保健指導に役立てられる新しい情報を求めています。
※集計期間は2019年1月1日〜12月31日。

保健指導リソースガイド 人気があったニュース TOP20

1 「冷え性」を克服するための6つの改善策
足の冷えに動脈硬化が隠れていることも

2 「卵を1日に1個」は健康的?
「卵」を食べると心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下するという報告も

3 「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない
睡眠を改善するための6ヵ条

4 禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る
糖尿病のコントロールも改善

5 心不全が急激に増えている
「心不全パンデミック」時代の3つの予防法

6 認知症の発症を血液検査で予測
100%の的中率で判別に成功 長寿研

7 「高血圧治療ガイドライン2019」発表
保健師など多業種の参加で高血圧に対策

8 厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表
脂質異常症と高齢者のフレイルに対策

9 すべてのがん患者は運動を治療として行うべき
運動が乳がん患者のQOLを改善 欧州臨床腫瘍学会

10 「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策
食後に血糖値を上げないコツ

11 日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている
女性でも珍しくない病気に エコチル調査

12 うつ病の発症原因は「仕事の不満足」
回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略

13 5人に1人が「不健康な食事」が原因で死亡
たばこや高血圧より深刻 食事改善で命を救える

14 ビタミンCが不足すると筋肉が減る
不足している高齢者で筋力低下 摂取すると回復

15 牛乳やヨーグルトの成分が炎症を抑制
血管を改善し脳の活性化にも効果的

16 ストレスが「乳がん」の発症に関連している
がん患者のストレスを軽減する治療が必要

17 運動は若さを保つための最善の策
40歳以降は筋肉を増やす運動が必要

18 母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする
メカニズムを解明

19 果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか?
果物の健康効果を科学的に検証

20 「1日10分程度」のウォーキングで死亡リスクは低下
忙しい人も心配はご無用 運動は限られた時間に行っても効果がある
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶