ニュース

【新型コロナ】コロナ禍で若い女性の自殺が増加 失業率の上昇と連動 適切な政策で自殺を抑制する必要が

 横浜市立大学と慶應義塾大学は、コロナ禍の影響で、失業率が増加し、社会経済基盤が比較的弱い若年女性を中心に、自殺が増加しているという調査結果を発表した。

 厚生労働省の死亡統計データを解析したところ、2020年度の人口10万人当たりの自殺件数は、2009年度~2019年度までの実績にもとづく予測値に比べ、男性で17%、女性で31%増加していることが明らかになった。

 自殺による死亡の増加は、同時期の失業率と連動しており、20代女性の自殺率は推定値より72%増加していた。

 とくに若い女性の自殺について、「感染対策と合わせて、適切な政策を行うことで、自殺者数の増加を抑制できると考えられます」と、研究者は述べている。

コロナ禍の影響で20代女性では自殺件数が72%増加 適切な経済政策が必要

 2020年にコロナ禍が始まり、景気の悪化にともなう自殺の増加が懸念されているが、1年以上の観察期間のある研究は報告されていない。

 これまでの報告では、コロナ禍の影響による自殺の増加を肯定している論文と、否定している論文がある。肯定している論文でも、季節変動の影響との見方を示したものが多いが、実際に何が自殺の増加に影響しているかを確かめた研究は少ない。

 そこで研究グループでは、厚生労働省の死亡統計データのデータ解析を行った。その結果、2020年度の人口10万人当たりの自殺件数は、2009年~2019年までの傾向から算出した予測値に比べ、男性で17%、女性で31%増加していることを確認した。

 また、死亡の増加は日本の失業率と連動していることも分かった。年齢別の自殺件数では、若年女性で増加が大きく、20代女性では予測値に対して72%増加していた。

2009年~2020年の自殺件数と失業率の推移
死亡の増加は失業率と連動している

出典:横浜市立大学、2022年

 研究は、横浜市立大学附属病院化学療法センターの堀田信之センター長と、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の森口翔助教の共同研究グループによるもの。研究成果は、「JAMA Open Network」に掲載された。

 「近年の自殺者数の増加における間接的要因として、コロナ禍におけるさまざまな事象が考えられるなか、失業率の増加との連動の可能性を確認しました」と、研究グループでは述べている。

 「研究の結果から、感染対策と合わせて適切な経済政策を行うことで、自殺者数の増加が抑制されるのではないかと考えられます」としている。

横浜市立大学附属病院化学療法センター
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
Trends in suicide in Japan following the 2019 Coronavirus Pandemic (JAMA Open Network 2022年3月29日)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
2022年08月01日
【新型コロナ】唾液中のタンパク質にコロナ感染を防止する効果 唾液を減らさないことが大切
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶