ニュース

【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「心臓や血管に異常を感じたら、医療機関を受診して」

 日本医師会と日本循環器連合は、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下での、心血管病診療に関する緊急声明を発表した。
 心血管病診療に携わる医療従事者やベッドなどの医療資源が、新型コロナウイルス感染症の診療に振り分けられることが多くなっており、緊急の対応が必要だとしている。
新型コロナウイルス感染症拡大で受診控え
「速やかに医療機関を受診して」
 心血管病診療に携わる医療従事者やベッドなどの医療資源が、新型コロナウイルス感染症の診療に振り分けられることが多くなっている結果、次のことが引き起こされているとしている。

▼緊急治療を要する急性心筋梗塞、急性心不全、致死性不整脈、肺塞栓症、大動脈解離、大動脈瘤破裂等への救急対応ができなくなっている地域や医療機関が増えています。
▼治療中断や受診の手控えのために心血管病が重症化する患者さんが増えています。

 そこで、日本医師会・日本循環器連合は、以下の2点について緊急声明を発出した。

(1) 必要な心血管病診療を提供するためには、何よりもできるだけ新型コロナウイルス感染者を減らすことが重要です。国民のみなさまには、より一層新型コロナウイルス感染予防に留意し、慎重な行動をとっていただきますようにお願い致します。

(2) 現在受けられている心血管病の治療は引き続きしっかり続けてください。新型コロナウイルス感染症拡大で受診控えされている方も、感染対策を行っている安心マークを掲げている医療機関への受診をしてください。心臓や血管に異常を感じたら、ためらわず速やかに医療機関を受診してください。

 「日本循環器連合は、国民の生命を守るため、心血管病診療のプロフェッショナルである医療従事者の責任と自覚をもって、日本医師会の協力を得ながら、心血管病診療体制の維持に全力で取り組みます」としている。

公益社団法人 日本医師会
日本循環器連合について(日本循環器学会)
日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本小児循環器学会、日本不整脈心電学会、日本心不全学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本心臓病学会、日本心エコー図学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本胸部外科学会
日本循環器学会・COVID-19対策特命チーム
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶