ニュース

【新型コロナ】コロナ禍でアルコール関連疾患の入院が増加 自粛期間中の飲酒に注意

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、アルコール関連疾患の入院が増加していると、京都大学が発表した。
 アルコール関連肝疾患による入院は、コロナ禍以前に比べ1.2倍に増えた。新型コロナの流行によりアルコールの消費量が増加しているという報告がある。
 「自粛期間中の飲酒にはとくに注意が必要です」と、研究者は述べている。
コロナ禍によりアルコールの消費量が増えている
 アルコールの乱用により世界中で毎年約300万人が死亡しており、公衆衛生の大きな課題となっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、ソーシャルディスタンスの維持や都市のロックダウン、経済的な危機によるストレスから、アルコールの消費の増加と、肝疾患をはじめとするアルコールに関連する疾患の増加が懸念されている。世界保健機関(WHO)なども、有害なアルコールの消費について警告を発している。

 米国や英国では実際に、コロナ禍によりアルコールの販売量が増加し、家庭でもアルコール消費量が増加したと報告されている。日本政府の調査でも、2020年4月以降の家計のアルコール消費支出は、1年前に比べて増加している。

 アルコールの乱用による代表的な疾患として、肝硬変をはじめとする肝疾患や膵炎があるが、今回のCOVID-19の流行がアルコール関連の肝疾患や膵炎の入院に与える影響はまだよく分かっていない。
コロナ禍でアルコール関連の入院は約1.2倍に増加 アルコール性肝硬変が最多
 そこで、京都大学の研究グループは、全国の有力病院が参加しているプロジェクトであるQIP(Quality Indicator/Improvement Project)のデータベースを用いて、入院日が2018年7月1日~2020年6月30日の、アルコール関連の肝疾患および膵炎の月別の1,000入院あたりの入院率を調査した。

 対象となったのは、全国257病院の、アルコール関連肝疾患による入院302万6,389件、または膵炎による入院1万242件。

 その結果、COVID-19の流行時の2020年4~6月の入院率は、流行前の期間(2018年7月~2020年3月)と比較して、約1.2倍に増加していた。入院した原因疾患で最多なのはアルコール性肝硬変だった。

 研究は、京都大学医学研究科の今中雄一教授、國澤進准教授、糸島尚氏らの研究グループによるもの。研究成果は、「Scientific Reports」にオンライン掲載された。

アルコール関連の肝疾患と膵炎による1,000入院あたりの月別入院率
出典:京都大学医学研究科、2021年
入院率は男性が高いが、増加の程度は女性の方が大きい
 アルコールが身体へ与える影響は性別によって差があるという生物学的な特性が知られており、海外ではCOVID-19の流行下での飲酒量も性別により差があるという報告がある。

 そこで性別でも解析を行ったところ、入院患者数は男性の方が多いため、入院率自体は男性が高いものの、2020年4~6月の入院率を前年同月で比較すると、男性では4月 1.1倍、5月 1.2倍、6月 1.2倍、女性では4月 1.4倍、5月 1.9倍、6月 2.0倍となり、女性の方が増加の程度が大きい傾向が示された。

 アルコール消費の増加は経済的な危機による精神的ストレスとも関連していることが報告されており、今回のCOVID-19の流行下において、女性がより経済的な影響を受けている可能性も示唆される。

 性別による、生物学的な違いに加え、経済的な影響の違いを反映しており、女性はコロナ禍による影響がより深刻である可能性がある。
自粛期間中の飲酒には注意が必要
 COVID-19流行によるアルコール消費増加と肝疾患をはじめとするアルコール関連疾患の増加については世界的に懸念され注目されている。

 今回の調査では、個々のアルコールの消費量についてはデータベースに情報がないため、個人のアルコール消費量の変化とアルコール関連の肝疾患や、膵炎の入院との関連といった直接的な関連を調べることができなかつた。

 「個人のアルコール消費量や肝疾患や膵炎の入院がどう影響を受けているか、さらに調査が必要です。COVID-19の流行が収束しないなか、アルコール関連肝疾患・膵炎の増加が続く可能性があり、自粛期間中の飲酒には注意が必要です」と、研究グループは述べている。

京都大学大学院医学研究科・医学部
The impact of the COVID-19 epidemic on hospital admissions for alcohol-related liver disease and pancreatitis in Japan(Scientific Reports 2021年7月12日)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶