ニュース

【新型コロナ】子供たちの食事への影響も大きい コロナ禍で食事の質が低下「食材を選ぶ経済的余裕がない」

 国立成育医療研究センターは、新型コロナウイルス感染症の流行が全国の子供たちの食事に与えている影響と、その影響は家庭の経済背景によりどのように異なるのかを調査した。
 最初の緊急事態宣言(2020年4~5月)の期間に、感染拡大により保護者の食事準備への負担感が増え、食事バランスの良くない子供が増加したことや、とくに世帯所得が低い家庭でその影響が大きいことなどが明らかになった。
 「コロナ禍はまだしばらく続きます。子供たちへの影響を注視していく必要があります」と、研究者は述べている。
子供の食事の質が低下 低所得の家庭で影響が大きい
 新型コロナのパンデミックにより、大人だけでなく、子供たちの生活も大きく変化した。国立成育医療研究センターの研究グループは、厚生労働科学研究「新型コロナウイルス感染症流行前後における親子の栄養・食生活の変化及びその要因の解明のための研究」にもとづき、2020年12月に調査を実施した。

 2020年12月に、全国の小学5年生と中学2年生の子がいる世帯から無作為に選ばれた3,000世帯の家庭を対象に、子供のたちの食事状況についての調査を実施し、1,551世帯(52%)から回答を得た。

 その結果、最初の緊急事態宣言(2020年4~5月)の期間に、バランスの良い食事(肉、魚、卵と野菜を両方1日に2回以上を含む)をとれている子供の割合は低下していたことが分かった。

 とくに、世帯人員1人当たりの平均所得が低い家庭ほど、バランスの良い食事をとれている子供の割合は大きく低下したことも明らかになった。

 所得の高い家庭では、バランスの良い食事をとれている子供の割合は91%だったのが、緊急事態宣言により75%に減り、宣言後は90%に回復した。

 一方、所得の低い家庭では、バランスの良い食事をとれている子供の割合は88%だったのが、緊急事態宣言により62%に減り、宣言後は89%に回復した。

緊急事態宣言下および前後で、バランスのとれた食事を摂れている小5・中2の子供の割合
世帯所得四分位別

出典:国立成育医療研究センター、2021年
食事を作る「時間の余裕」や「心の余裕」が減った
 新型コロナの拡大により、ステイホームや不要不急の外出の自粛が求められた。その影響で、感染拡大前よりも食事を作る時間や心の余裕が「増えた」と回答した保護者がみられた一方で、「減った」という保護者も少なくない。

 とくに世帯人員1人当たりの平均所得が低い家庭では、「食事を作る時間の余裕が減った」「食事を作る心の余裕が減った」「食材や食事を選んで買う経済的余裕が少なくなった」と回答した保護者の割合が、所得の高い家庭と比べて多かった。

 新型コロナの拡大前に比べ、「食材や食事を選んで買う経済的余裕が少なくなった」という保護者は、世帯収入の高い保護者では3%だったが、低い保護者では33%に増えた。

出典:国立成育医療研究センター、2021年
コロナ禍で子供の肥満ややせも増えている
 学童期の子供たちの肥満ややせが、コロナの流行前に比べ大きく増加していることが、2020年度「学校保健統計調査」などでも報告されている。同調査では、「間食(おやつ)の機会や量が増えた」という保護者は31%に上った。

 「コロナ禍はまだしばらく続きます。子供たちへの影響を注視していく必要があります。長引くコロナ情勢下で、子供たちが適切な食事を摂取し健康を守るようにできる社会としての取り組みが望まれます」と、研究グループは述べている。

 「今後も各調査結果や社会情勢などをふまえて、継続調査を実施していく予定です。重大な調査結果は速やかに公開し、現場での子供たちへのケアや施策提言に活かされるよう努めます」としている。

 研究は、国立成育医療研究センター社会医学研究部の森崎菜穂部長、新潟県立大学の村山伸子教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Nutrients」に掲載された。

国立成育医療研究センター社会医学研究部
Changes in Selected Food Groups Consumption and Quality of Meals in Japanese School Children during the COVID-19 Pandemic(Nutrients 2021年8月10日)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶