ニュース

【新型コロナ】リモートワークで仕事と家庭をどう区別する? 「ワーク・ライフ・バランス」を上手に管理

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を上手に管理できている人は、仕事と生活の区別をする能力が優れているという研究が発表された。仕事と生活が対立しないように「バッファ(緩衝)」を設けることが対策になるという。
 新型コロナの拡大を防ぐために、世界中でリモートワークやテレワークが多く行われるようになった。しかし、インターネットを使ったテレワークでは、仕事と生活の境界があいまいになりやすいので、とくに注意が必要だという。
コロナ禍でリモートワークが増加
 新型コロナの拡大を防ぐために、世界中でリモートワークやテレワークが多く行われるようになった。

 スマホやパソコンで、いつでもどこでも仕事のメールが送られてくるので、勤務時間外にも仕事をしなければならず、休息をとりにくくなり、かえってストレスが増えたという人も多いのではないだろうか。

 米国のイリノイ大学の研究グループは、職業性ストレスと労働者の幸福について研究している。今回の研究で、仕事と生活の境界をはっきりと設けられる人は、仕事によるストレスと生活でのメンタルヘルスが悪化する負の循環におちいることが少ないことを発見した。

 「スマホやタブレットなどの情報通信技術が進歩し、多くの労働者はいつでもどこでも仕事ができるようになり、仕事と生活の境界があいまいになりやすくなっています。しかし、労働者が仕事と生活の境界をきちんと管理できるようにならないと、ストレス管理とメンタルヘルスが犠牲になってしまうおそれがあります」と、イリノイ大学心理学部で労使関係の研究をしているヤングアー パーク教授は言う。
ときには思い切って通信機器の電源を切ることも必要
 仕事と生活の境界を明確にするため、ときには思い切って通信機器の電源を切り、メリハリをつける覚悟も必要だとしている。「そうした機器が常にオンの状態で利用可能であると、仕事のストレスの増加というマイナス面をともなう場合もあると意識するべきです」としている。

 「多くの人はスマホやパソコンがないと仕事ができなくなっています。こうしたテクノロジーは確かに便利なのですが、時間外の労働をしなくてはならなかったり、家庭や私生活といった領域に仕事が侵入してくるのは不健康です」と、パーク教授は指摘する。

 研究グループは、米国の公立学校でフルタイムで働く500人以上の教師を5週間連続で調査し、テクノロジーを介した仕事がどれだけ生活の領域に侵入しているかを調査した。

 その結果、テクノロジーを介した24時間体制の仕事の依頼は、労働者にとって大きなストレスになる可能性があることが分かった。とくに教師では、担当しているクラスで問題が持ち上がるとすぐに連絡が入ってきて、仕事と生活の境界を分けるのが難しくなるケースがみられたという。
自分の健康を守ることが生産性の向上につながる
 スマホやパソコンのメールソフトのアラート機能を、勤務時間以外はオフにするなどの戦略を自覚的に行っていた人は、仕事の生活への侵入をある程度抑えられていたことも分かった。

 「多くの人は、仕事に関するメッセージやメールは、すぐに返信が送られることが期待されていると思いがちで、勤務時間外にも依頼を受けつけてしまいます」と、パーク教授は言う。

 「仕事と生活の境界を明確にして、ワーク・ライフ・バランスを適切に管理することは、あなたやあなたの家族だけでなく、職場や同僚、仕事の利害関係者にとってもメリットになる可能性があります。ご自分の健康と幸福を守ることが生産性の向上にもつながり、他者のワーク・ライフ・バランスの改善へとつながっていきます」としている。
多くの人がワーク・ライフ・バランスの実現に苦労している
 米国のレンセラー工科大学は、コロナ禍で職場と家庭を両立し、より良く働き続けるために、すぐに実行できる実践法を提案している。

 「新型コロナのパンデミックが発生してから2年近くが経ったいま、数百万人の労働者が効率的なワーク・ライフ・バランスを実現するのに苦労しています」と、レンセラー工科大学ポリテクニック研究所のティモシー ゴールデン教授は言う。

 「多くの人が在宅勤務でも、仕事の効率と生産性を維持しながら、家庭での生活も充実させたいと考えています。仕事と家庭の境界を上手に管理することは重要です」としている。
仕事と家庭の対立を避けるための方法
 ゴールデン教授によると、リモートワーカーには2つのタイプがある。「ワークライフ・セグメンター」は、日々の生活のなかで仕事とプライベートを厳格に分けようとする人。一方、「ワークライフ・インテグレーター」は、仕事とプライベートを厳格に分けず、1日の中で仕事とプライベートとの切り替えを柔軟に行おうとする人だ。

 労働者が仕事と家庭生活の境界をうまく設定して管理するために、「身体」「行動」「時間」「コミュニケーション」という4つの領域をコントロールすることが大切だという。

 そのために、「仕事を毎日一定の時間に開始し、終了する時間も決めておく」「仕事をする場所と生活空間をきっちり分ける」「仕事中には家事はなるべくやらない」「仕事時間に家事をする必要が出たときの家族とのやりとりを決めておく」「仕事が終わったら家族や仲間と会話をするようにする」といったメリハリをつけることも必要となる。

 日常の業務で予測できないことが起こったり、仕事や生活の境界に侵入してきた人と衝突しそうになることもある。対立を回避しバランスをとるためのコミュニケーションはとくに重要になるという。

リモートワークと生活を両立する方法
レンセラー工科大学ポリテクニック研究所が公開しているビデオ

Control over work-life boundaries creates crucial buffer to manage after-hours work stress(イリノイ大学 2020年6月25日)
When work is wanted after hours: Testing weekly stress of information communication technology demands using boundary theory(Journal of Organizational Behavior 2020年5月19日)
How Can Remote Workers Best Manage Work-Home Conflict?(レンセラー工科大学 2021年4月5日)
Telework and the Navigation of Work-Home Boundaries(Organizational Dynamics 2021年1月)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶