ニュース

【新型コロナ】モデルナ製COVID-19ワクチン 厚労省が副反応を報告 いずれも症状は「重くない」

 厚生労働省は、厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)で、5月21日に承認されたモデルナ社のコロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」による副反応の報告事例を公表した。
 国内での接種が始まった5月22日~30日までの時点で17例の副反応が疑われる症状が報告されていた。いずれも症状の程度は「重くない」と評価され、アナフィラキシーや死亡例は確認されなかった。
アナフィラキシーおよび死亡例の報告はなし
 公表資料によると、5月22日~30日の「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」の推定接種者数は、9万241人だった。このうち、49~96歳の男女計17例でワクチン接種による副反応が疑われる症状が医療機関から報告された(報告頻度は0.02%)。

 17例いずれも接種当日に症状が発生しており、過敏症、血管迷走神経反射、感覚異常、皮疹・発疹・紅斑、頭痛、血圧上昇、浮動性めまい、悪心・嘔吐、羞明、冷感、動悸、咽頭刺激感、口腔咽頭不快感、そう痒症、蕁麻疹が報告された。なお、5月30日までの時点でのアナフィラキシーおよび死亡例の報告はなかった。

 同剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤。同剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAをもとに細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生および細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられている。1回目の接種後、通常、4週間の間隔で2回目の接種を受ける必要がある。

 同剤の国内における臨床試験での、各回接種後7日目までの安全性の評価によると、主な有害事象の発現割合は下記の通り――。
▼注射部位疼痛(1回目82.7%、2回目85.0%)、▼頭痛(1回目13.3%、2回目47.6%)、▼疲労(1回目18.7%、2回目63.3%)、▼筋肉痛(1回目37.3%、2回目49.7%)、▼倦怠感(1回目18.7%、2回目63.3%)、▼38℃以上発熱(1回目2.0%、2回目40.1%)

モデルナ「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」 国内における臨床試験
各回接種後7日目までの主な有害事象の発現割合

モデルナ「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」 添付文書 適正使用ガイド (医薬品医療機器総合機構)
厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)
【特集】新型コロナウイルス感染症
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月11日
【新型コロナ】モデルナ製COVID-19ワクチン 厚労省が副反応を報告 いずれも症状は「重くない」
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
2021年06月07日
肥満が歯周病を悪化させるメカニズムを解明 腸内フローラが不健康だと歯周病も悪化しやすい
2021年06月07日
【新型コロナ】いつでもどこでも、体ひとつでできる筋力トレ「佐倉市オリジナル体操」 コロナ禍での運動不足の解消やロコモ予防に
2021年06月07日
【新型コロナ】タバコが新型コロナを重症化 喫煙者も6割が喫煙所の閉鎖に賛成 国立がん研が調査
2021年06月07日
【新型コロナ】見えないウイルスを仮想空間で視覚化 VR教育コンテンツを開発 医療・介護施設での感染防止に
2021年06月01日
アルコールを少し飲み過ぎただけで肥満・メタボのリスクは上昇 標準的なアルコール量はどれくらい?
2021年06月01日
熱中症を予防するための8ヵ条 マスク着用で熱中症リスクが上昇 マスクをはずして休憩も
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶