ニュース

【新型コロナ】ワクチンの4回目接種は効果が高い ワクチンは最初の年だけで2000万人の命を救った

 新型コロナワクチンは、新型コロナの発症を予防する高い効果があり、また、感染や重症化を予防する効果も確認されている。

 接種から時間が経過するととともに、感染や発症の予防効果は徐々に低下するが、重症化予防の効果は比較的高く保たれると考えられている。

 185の国と地域のデータにもとづく世界規模の研究では、新型コロナのワクチンが導入された最初の年(2020年12月~2021年12月)だけでも、新型コロナのワクチン接種は、世界の1,980万人の死亡を防いだことが示された。

 もしもワクチン接種が行われなかったら、新型コロナによる世界の死亡数は3,140万人に増えただろうと推定している。

世界の人口の3分の2が1回以上のワクチン接種を受けた

 「現在使われている新型コロナワクチンはすべて、発症予防効果を確認するための臨床試験が実施されています」と、英国のインペリアル カレッジ ロンドン公衆衛生学部のオリバー ワトソン氏は言う。

 「最初の新型コロナワクチンが2020年12月に投与されて以来、2022年6月の時点で、世界の人口のほぼ3分の2が、1回以上のワクチン接種を受けました」。

 「今後は低所得の途上国でもワクチン接種を推進し、感染症に対してもっとも脆弱な人々を新型コロナから守ることが課題となっています。そのために、ワクチンを提供するだけではなく、生活や産業の基盤の整備や、ワクチンに対する誤った理解とも戦い、ワクチンの需要を改善するために協調的な取り組みをすることが必要です」としている。

 世界保健機関(WHO)は、すべての国で2021年末までに、人口の40%以上に2回以上の予防接種を行う目標を打ちたてたが、実行できたのは高・中所得国が多く、アフリカや東地中海などの途上国では接種が十分に行われていない。

 もしも目標が達成されていれば、世界でさらに59万9,300人の死亡を防げたはずだと試算している。

新型コロナワクチンの4回目接種は効果が高い

ワクチンの追加接種は重症化リスクの高い人に効果がある

 新型コロナは、高齢者ほど重症化しやすく、糖尿病や肥満などの基礎疾患をもつ人でも重症化しやすいことが明らかとなっている。そのため、新型コロナに感染した場合の重症化を予防するために、追加(4回目)接種が実施されることになった。

 オミクロン株の流行下で、60歳以上の人に対する4回目接種により、死亡予防の効果が得られるという報告や、重症化予防の効果は、接種から6週間以上が経過しても、3回目接種と比較して大きく低下せず維持されるという報告が発表されている。

 ワクチンの追加接種は、重症化リスクの高い人にとって効果があると考えられている。

 イスラエルのテルアビブ大学は、介護施設に居住する高齢者4万人を対象とした調査により、新型コロナワクチンの4回目接種は、死亡リスクを72%減少することを明らかにした。

 ワクチンの4回目接種を受けた高齢者は、オミクロン変異体に感染する可能性が34%低く、新型コロナのために入院が必要になる可能性が64~67%低かったとしている。

 研究グループは、イスラエルの約1,000ヵ所の施設で、ワクチンの4回目の接種を受けた高齢者2万4,088人と、4か月以上前に3回目の接種のみを受けた高齢者1万9,687人を比較した。

ワクチンはオミクロン変異体に対しても効果がある

 新型コロナウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要となるスパイクタンパク質の一部が変化することで、ウイルスの感染性や病原性、ワクチンの有効性などに影響を与えることが懸念されている。

 オミクロン株の亜種である「BA.5」の感染が世界的に増えている。「BA.5」はこれまで主流だった「BA.2」よりも感染力が強いという報告も公表された。

 「イスラエルなどでも、オミクロン変異体に対する既存のワクチンの有効性について、とくに追加接種に関して多くの議論がありました。イスラエルは、60歳以上の人々のためにワクチンの4回目接種を承認した最初の国です」と、同大学公衆衛生学部のキタム ムフセン教授は言う。

 「一般的にウイルスは絶えず変異を起こしていくもので、ウイルスの小さな変異により、ワクチンの効果がなくなるというわけではありません。しかし、それぞれの変異株に対するワクチンの有効性がどのくらいあるのかについて、さらに確認が必要です」。

 「ワクチンの4回目接種を受けたグループの死亡リスクは、3回接種のみのグループに比べ、72%も低かったことが明らかになったのは重要です。ワクチンの4回目の投与により中和抗体のレベルが上昇し、オミクロン変異体に対する交差防御がもたらされたと考えられます」。

 「結果として、高齢者や基礎疾患のある人など、感染リスクの高い集団に4回目の接種を行うという決定は、多くの人命を救った賢明な選択となりました」としている。

THE LANCET INFECTIOUS DISEASES: COVID-19 vaccines are estimated to have prevented 20 million deaths worldwide in the first year of the vaccine program, modelling study finds (Lancet 2022年6月23日)
Global impact of the first year of COVID-19 vaccination: a mathematical modelling study (Lancet Infectious Diseases 2022年6月23日)
Coronavirus (COVID-19) Vaccinations - Our World in Data
The fourth COVID-19 vaccine reduces the risk of death by 72% amongst the elderly (テルアビブ大学 2022年6月10日)
Association of receipt of the fourth bnt162b2 dose with omicron infection and covid-19 hospitalizations among residents of long-term care facilities (JAMA 2022年6月23日)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「新型コロナ」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月18日
【新型コロナ】腸内環境が新型コロナにも影響 腸内細菌と代謝物質で重症化しやすさが分かる
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年10月17日
仮想現実で運動する「VRエクササイズ」で運動が楽しくなる 運動嫌いの人も気分を高められる
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月11日
【新型コロナ】妊婦へのコロナ禍の影響を全妊娠期で調査 日本の多くの女性は妊娠期の栄養が不足
2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍に 「男性中心型社会」からの脱却が必要
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶