ニュース

【新型コロナ】ストレスが免疫の老化を加速 食事や運動など生活改善でストレスに対策

 現代社会には、日常でのストレス要因、仕事での緊張、ストレスによる外傷性イベント、社会的な差別などに悩まされている人が多い。こうしたストレスは、体の免疫系の働きの老化を加速し、糖尿病、がん、心血管疾患、新型コロナなどの感染症による病気のリスクを高める可能性がある。

 とくにコロナ禍では、感染の拡大による感染者への差別が広がり、加齢にともなう健康格差はますます拡大している。

 南カリフォルニア大学は、ストレスと免疫の老化の加速は関連していることを明らかにした。ストレスを多く受けている人は、免疫系が弱くなり、さらに健康格差が広がるおそれがあるという。

 ただし、食事や運動などの生活スタイルを改善することで、ストレスを軽減でき、免疫老化を抑制できる可能性がある。

ストレスが免疫老化を加速する

 「世界的に高齢者人口は増加しており、加齢にともなう健康格差も広がっています。加齢にともなう免疫系の変化は、健康度を低下させる原因になります。今回の研究は、免疫老化の加速に関与するメカニズムを明らかにすることを目的としています」と、南カリフォルニア大学ジェロントロジー学部のエリック クロパック氏は言う。

 年齢を重ねるにつれて、自然に免疫系が大きくダウングレードしていく。これは「免疫老化」とも呼ばれている。加齢とともに、免疫プロファイルが弱まり、血液中を循環している白血球が老化し、体への異物の侵入から体を守る働きをする活発な白血球が減ってしまうことは避けられない。

 免疫老化は、がん、糖尿病、心血管疾患、肺炎などのリスクも高め、ワクチンの有効性の低下、臓器の老化とも関連している。

 しかし、同じ年齢の人であっても、免疫系の衰えが大きい人と小さい人に分けられる。免疫系の活力の低下を生む原因のひとつは、健康状態を悪化させるストレスの、生涯にわたる曝露である可能性がある。

ストレスの多い人は免疫が衰えやすい

 そこで研究グループは、ミシガン大学が行った高齢者の退職と健康に関する全国的な縦断研究から、経済・健康・結婚・家庭、公的・私的支援システムに関する膨大なデータセットを分析した。50歳以上の成人5,744人のサンプルから、さまざまな形態の社会的ストレスへの曝露について分析した。

 さらに、参加者の血液サンプルを、細胞の性質を調べるために行う検査であるフローサイトメトリーで分析した。これは、細胞1個が流れるぐらいの非常に細い水流を作り、そこに流した細胞にレーザーをあて、細胞の性質を調べる手法。

 その結果、ストレスのスコアが高い人は、免疫プロファイルの老化が進んでおり、活発な白血球の割合が低く、白血球の消耗の度合いも高いことが明らかになった。

ストレスの多い人は免疫老化が進みやすい
出典:南カリフォルニア大学、2022年

不健康な生活スタイルが免疫老化の原因?

 「ストレスの原因になる社会的な要因は、簡単に解決できるものではありませんが、ストレスを回避する方法はあると考えられます」と、クロパック氏は言う。

 免疫で重要な働きをするT細胞は、胸骨の裏側、心臓の上前部にある胸腺で分化する。しかし、年齢を重ねると、胸腺の組織は収縮し、脂肪組織に置き換わり、免疫細胞の産生が減少してしまう。

 これまで研究で、免疫細胞の減少のプロセスは、社会的ストレスに関わる不健康な食生活や運動不足などの生活スタイルによって、加速することが示されている。

 「今回の研究でも、不健康な食生活や運動不足の影響を統計的に調整した後では、ストレスと免疫老化の加速との関係はそれほど強いものになりませんでした」と、クロパック氏は言う。

 「このことは、多くのストレスを経験している人々は、食事や運動などの生活スタイルが不健康で、それが免疫老化をより加速している可能性があることを示しています」。

食事や運動などを改善して免疫老化を抑制

 「高齢者の食事や運動などの生活スタイルを改善することで、ストレスに関連する免疫老化を抑制できる可能性があります」と、クロパック氏は指摘している。

 さらに、「サイトメガロウイルス(CMV)」の影響も考えられるという。このウイルスは、帯状疱疹や口唇ヘルペスなどのように、ヒトでよくみられる無症候性のものだが、免疫老化を促進する強力な作用があることが知られている。ほとんどの場合は休眠状態にあるが、強いストレスを経験すると、その活動が活発になる。

 研究で、このウイルスの陽性反応について統計的に調整したところ、ストレスと免疫老化の加速との関係は弱くなった。したがって、このウイルスのワクチン接種を行えば、ストレスによる免疫老化の影響を軽減できる可能性もあるという。

Stress accelerates immune aging, study finds (南カリフォルニア大学 2022年6月13日)
Social stressors associated with age-related T lymphocyte percentages in older US adults: Evidence from the US Health and Retirement Study (Proceedings of the National Academy of Sciences 2022年6月13日)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶