ニュース

【新型コロナ】肥満と過体重が重症化の危険因子 人工呼吸を必要とする可能性が73%上昇

 肥満と過体重が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危険因子であることが、オーストラリアのクイーンズランド大学などの調査であらためて確かめられた。
 中国、米国、イタリア、南アフリカ、オランダなど11ヵ国の18の医療機関に入院した7,244人のCOVID-19患者を調査した結果、肥満または過体重の患者は、COVID-19の転帰を悪化させるリスクが高く、人工呼吸を必要とする可能性が73%高いという結果になった。
肥満のCOVID-19患者は人工呼吸を必要とする可能性が73%高い
 肥満と過体重は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を重症化させる危険因子で、該当する患者は侵襲的な呼吸補助が必要となる可能性が非常に高いことが、オーストラリアのクイーンズランド大学とマードックチルドレンズ研究所(MCRI)により明らかになった。研究成果は「Diabetes Care」に掲載された。

 「肥満によるCOVID-19の疾病負荷の増加について明らかにした今回の調査結果は、肥満の複雑な社会経済的影響に対処するための戦略や、ジャンクフードなどの食品広告の制限などの公共政策を緊急に導入する必要があることを示しています」と、MCRI小児内分泌学のダニエル ロングモア氏は述べている。

 「短期的に肥満に対処する措置を講じることが、COVID-19のパンデミックにすぐに影響をもたらす可能性は低いのですが、今後のウイルス性感染症のパンデミックによる負担を減らし、心臓病や脳卒中などの合併症のリスクの減少につながります」としている。

 研究では、中国、アメリカ、イタリア、南アフリカ、オランダを含む11ヵ国の18の病院に入院したCOVID-19患者を調査した。18歳以上の7,244人の患者のうち、34.8%が過体重で、30.8%が肥満だった。

 肥満のCOVID-19患者はそうでない患者に比べ、酸素吸入や侵襲的な人工呼吸を必要とする割合が73%高かった。過体重の患者でも、控えめではあるが同様の傾向がみられた。一方、肥満と過体重とCOVID-19による院内死亡との間に関連はみられなかった。

 心血管疾患や既存の呼吸器疾患は、院内死亡のオッズ増加と関連していたが、酸素と人工呼吸器を必要とするリスクは高くなかった。糖尿病の患者では、侵襲的な呼吸補助が必要になる割合は高く、これに肥満が加わるとリスクがさらに増加することはなかった。

 また、男性は女性に比べ、COVID-19が重症化し侵襲的な人工呼吸器が必要となるリスクが高かった。65歳以上の高齢者でも、酸素吸入を必要とする割合が高く、院内死亡率も高かった。
COVID-19ワクチン接種の優先順位を策定する際の参考に
 「過体重または肥満が、成人のCOVID-19入院患者の病状悪化の独立した危険因子であることが、大規模な調査で示されました」と、研究を共同で主導したクイーンズランド大学化学分子生物科学部のカースティ ショート氏は述べている。

 「世界人口の40%が過体重か肥満と推定されています。肥満は、代謝性心疾患や呼吸器疾患のリスクの増加、インフルエンザ、デング熱、SARSコロナウイルスなどのより重篤なウイルス性疾患など、多くの健康状態の悪化に関連しています」と指摘している。

 過去の報告でも、肥満がCOVID-19重症化の重要な危険因子であることは示されていたが、そのデータのほとんどは単一サイトから収集されており、多くの地域を代表していなかったとショート氏は指摘。

 「今回の研究は、COVID-19ワクチン接種の優先順位を策定する際の参考になります。WHOは現時点で、COVID-19重症化の危険因子としての過体重や肥満について高品質のデータをもっていません。得られたエビデンスは、どの高リスクグループを優先してワクチン接種をするべきかを決定するのに役立ちます」と、MCRIのディビッド バーグナー教授は述べている。

Patients who are overweight or obese at risk of more severe COVID-19(マードックチルドレンズ研究所 2021年4月16日)
Diabetes and Overweight/Obesity Are Independent, Nonadditive Risk Factors for In-Hospital Severity of COVID-19: An International, Multicenter Retrospective Meta-analysis(Diabetes Care 2021年4月)
>> 新型コロナ ニュース一覧へ
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶